超便利!セブンネットショップ(7net)を利用するメリットとデメリット

セブンネットショップ

ネットショッピングが、当たり前になってきている今の時代。私もアマゾンや楽天をよく使うが、それと同じくらい利用しているショッピングサイトがある。

それは、セブンネットショッピングだ。

私が考えるセブンネットショッピングの魅力、つまりメリットとデメリットを紹介する。
参考になれば幸いだ。

セブンネットショップで買い物をするメリット

最大のメリットは店頭受け取りで送料無料になること

セブンネットショップの最大のメリットはセブンイレブンの店頭で注文した商品が受け取れることだろう。アマゾンや楽天では、自宅に届くのにわざわざセブンイレブンに受け取りに行かなきゃいけないなんて面倒くさい。と思う方もいるかもしれないが、そこにセブンネットショップの大きなメリットがある。

それは、セブンイレブンで注文した商品を受け取れば送料が無料になることだ。

これは、楽天やアマゾンではできないことでありやっていないサービスだ。
楽天やアマゾンのネットショッピングサービスは送料無料の商品が多いが、泣かには送料が商品よりも高いものが存在する。
しかし、セブンネットショップでは以下の画像のように24時間いつでも受け取れて送料、手数料は無料になるのだ。

セブンイレブンの店舗数も追い風になる。

ご存じのようにセブンイレブンは年々店舗数を伸ばしており、2015年2月現在で17491店舗もある。
つまり、あなたの家の周りにもすぐ目の届くところにセブンイレブンがあるはずなので、注文した商品を受け取る負担はそこまで大きくならない。

セブンネットショップは送料無料

受け取れる店舗はセブンイレブンだけじゃない

上の画像を見てほしい。
セブンネットショッピングはセブンイレブンだけの受け取りではなく、アカチャンホンポやイトーヨーカドー、ヨークベニマル、西武、そごうでも注文した商品を受け取ることができる。
おそらくはセブンイレブンでの受け取りだけで事足りることであろうが、便利なことに間違いはない。

セブンイレブンは24時間休まず営業しているため、仕事帰りや深夜しか商品を受け取れない人にも便利である。

都合の悪い時間に荷物が届くことはなく自分のタイミングで受け取れるため煩わしくない

アマゾンや楽天などの大手ネットショップは、自宅に郵送してくれるのが普通だ。
しかし、自宅にいなかったり、わざわざ玄関で荷物を受け取るのが煩わしいときもあるだろう。
セブンネットショッピングは、自分のタイミングで受け取ることができるからそんな煩わしさとは無縁であることもメリットの1つである。

チケットや食事宅配サービスも受けることができ、サービスが豊富

セブンイレブンで販売している商品はもちろんだが、それ以外にもチケットや食事宅配サービス、旅行サービスまである。
セブンネットショッピングはアカチャンホンポやそごう、西武百貨店などとも提携しており、サービスは多岐にわたることも魅力である。

私はセブンネットショッピングでよくDVDを購入したりアーティストのライブチケットを購入したりしており、すでにヘビーユーザーである。

ほぼ例外なく割引あり!DVDの価格が最大で70%引きになる

セブンネットショップの魅力はここにもある。
DVDがほぼ定価では販売していない。

いつでも割引がされており、最大で70%引きにもなる。
もしあなたがDVDをいつも定価で購入しているのならこれからはセブンネットショッピングで購入することをおススメする。
大きな割引を受けられるかもしれない。

セブンネットショッピングを使うデメリット

セブンネットショッピングはメリットが多く、とても魅力的なショッピングサービスであるがデメリットもある。
私なりに考えるデメリットはセブンイレブンなどの店頭に商品を取りにいかなければいけない点ではないかと考える。

これは上記でも説明したように、人によってメリットにもデメリットにもなるだろう。
長年、このセブンショッピングを利用している私だが、この程度のデメリットしか思い浮かばないくらいセブンネットショッピングは快適なのである。
自宅に郵送してほしいという人は楽天やアマゾンなどの利用をおススメするが、セブンイレブンをよく利用する人にとっては便利なサービスなのは間違いない。

まとめ

いかがだろうか?今では、数えきれないほどのネットショッピングサービスがあるが、セブンネットショッピングはメリットがたくさんあり魅力的なサービスである。
是非、あなたのライフスタイルに合わせて利用してもらえたら幸いだ。

 

セブンネットの詳細・利用はこちらから

セブンネットショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。