自動車の燃費はA/Cボタンをオフするだけで10%以上アップする

a/cボタン

あなたは車の燃費を気にしていますか?

私の住んでいる地域では、最近ガソリンの値段が上がってきたのでどうにかガソリンの燃費をよくできないかなと毎日のように考えています。

そんな車の燃費ですけど、車の中にあるA/Cボタンをうまく使うだけで車の燃費は10%以上も良くなります。

車の中にあるA/Cボタンをオフにするだけで燃費が10%良くなる

あなたの車の中にも絶対ついているA/Cボタンを知っていますか?こういうボタンです。

a/cボタン

このボタンをあなたは使いこなせていますか?
私も燃費を気にするようになるまでは何のボタンなのかさっぱり分かりませんでした。

このA/Cボタンはエアーコンディショナーの頭文字をとったものです。もっとわかりやすく言えばエアコンのことですね。

A/Cボタンがオンになっていると、エンジンを使ってコンプレッサーを回して要は外気よりも冷たい風を車の中に送ってくれます。

エンジンを使うので普段必要のないときにこのA/Cボタンを使っていると無駄なガソリンを使うことになり燃費が悪くなることにつながります。

あなたはエアコンを1年中オンにしていませんか?

このA/Cボタンをコントロールすることで軽自動車などの小型車であれば約10%も燃費を上げることができます。

暖房(ヒーター)を使用するときにはA/Cボタンはオフにしよう

先ほども紹介しましたけど、A/Cボタンはエンジンを余計に回して外気よりも低い冷たい風を車の中に送ってくれます。

冷却機能とは別に除湿機能もあります。

でも、冬場のように外が寒いときには車の中も暖めたいですよね。外が寒いときに車の中を外の空気よりも冷たい温度の風を出したい人はいないと思います。

なので冬など気温が低くて車の中を暖めたいときにはA/Cボタンはオフにしましょう。

A/Cボタンがオフだとエンジンでコンプレッサーを回した熱で暖められや風が車の中に送られます。

冬に全くA/Cを使わないと故障の原因にもなるのでたまには使おう

自分の言ったことを覆すような形になりますけど、実はずっとA/Cをオフにしておくのも問題があるんです。

どういうことかというと、A/Cボタンをオフにすると車のコンプレッサーが回らないのでいざA/Cボタンをオンにしたときに動ききにくくなることがあります。

人間と同じでずっと使わないと衰えるのと同じです。

なので冬場には、基本的にA/Cボタンは使わなくていいんですど、1月に1回程度は私はA/Cボタンをオンにしてコンプレッサーを動かすようにしています。

車のメンテナンスを考えたときには大事なことです。

さいごに

車の中にあるA/Cボタン、つまりエアコンのボタンをうまく操作することで燃費がよくなるよという話をしました。

私もそうだったので、1年中A/Cボタンをオンにしている人はきっといるんじゃないかなと思います。

もしあなたが車の燃費をよくしたくてA/Cボタンの機能を知らない場合は、冬はA/Cボタンをオフにしてうまく操作するといいですよ。

車の燃費がよくなります。

a/cボタン