アマゾンで買った洋服は30日以内なら返品可能!マーケットプレイスとの違い

アマゾン

アマゾンで洋服を買うことがありますが、実際に試着後も返品ができます。

ネットだから返品はできないんじゃないかって思っている方も多いですね。

今回はアマゾンで洋服を買ったときの返品の可否やアマゾンとアマゾンマーケットプレイスとの返品条件の違いを紹介します。

アマゾンで買った洋服を返品するとき、まずはお店を確認する

洋服を買ったお店が、アマゾンなのか、アマゾンマーケットプレイスなのかを確認しましょう。

マーケットプレイスというのは、個人が要らなくなった中古品を売っていたり、個人がアマゾンにお店を出して販売していたりするものです。

発送元がアマゾンそのものから販売された洋服なら返品が無料で可能ですが、マーケットプレイスから購入した洋服は返品に送料がかかることがあります。

基本的にマーケットプレイスでも返品はできるのですが、購入者都合または出品者都合の返品によって負担する送料をどちらが持つのかが異なってきます。

なので、洋服の購入先をまず確認しましょう。 

アマゾンが販売元の洋服なら30日以内なら返品が無料で可能

アマゾンマーケットプレイスではなく、アマゾンから購入した洋服であれば30日間の返品が可能です。

アマゾンは30日間返品可能

返品できる洋服の条件は3つあります。

  1. 発送元がアマゾンであること
  2. 商品が到着してから30日以内であること
  3. 洋服が届いてから試着しかしていないことが条件です。

この3つの条件を満たしていれば無料で返品ができるので安心してください。

販売元がアマゾンマーケットプレイスでも30日以内なら返品可能

販売元がアマゾンの場合は、試着しかしていなければ基本的に返品ができますが、販売元がマーケットプレイスだとアマゾンと少し違います。

購入した洋服が明らかに説明と違っていたり、破れていたりする場合はもちろん送料は無料で返品ができます。

しかし、商品説明通りの洋服なのに返品をしたいときは送料はあなた持ちになります。

実は、マーケットプレイスで買った商品はすべて30日以内であれば返品ができます。

出品者都合の返品なら送料は出品者、購入者都合の返品なら送料は購入者が支払うシステムになっており、出品者は返品を拒否することができません。

このシステムは、購入者からするととても便利なシステムですが、悪用されることもあるんじゃないかなと思っています。

例えば、洋服に限らず、本やゲームなどをマーケットプレイスから買って30日以内に返品をすれば送料のみでゲームや本を楽しむことができてしまいます。

良心のある人だったらこんなことはしないと思いますが。

まとめ

アマゾンで買った洋服は返品ができます。

返品をするときには、販売元がアマゾンなのか確認をしましょう。基本的にアマゾンでもマーケットプレイスでも返品はできますが、返品時の送料が違ってきます。

ネットだから安心して洋服が買えないという不安を解決してくれますね。