バナナを腐らせず1週間新鮮な状態で保存する方法

バナナ

バナナは、すぐに皮が黒くなったりして腐らせやすいフルーツです。できれば少しでも長く新鮮な状態で保存したいと思うはず。

今回は、バナナを新鮮な状態で保存するための方法を紹介します。参考にしてください。

バナナを長持ちさせるための保存方法

1. バナナのヘタの部分を切り落とす

バナナを保存するときには、バナナのヘタの部分を切り落としましょう。
なぜなら、バナナの変色や腐敗はヘタの部分から始まるからです。

ヘタの部分を切り落とすことで、バナナの変色を遅らせて新鮮に保つことができます。

2. バナナは房ごとに保存せず、必ず1本ずつに分けてビニール袋に入れて保存する

バナナを新鮮に長持ちさせるなら、房ごとに保存はしないようにします。
つまり、1本1本切り離して保存することがポイントです。

なぜ1本1本切り離すかというと、房になっているバナナは、早く熟成するようにエチレンガスというガスを出すからです。このエチレンガスが出ると熟成が進み、結果的に早く変色したり発酵が進んでしまうんです。

そのエチレンガスの発生を防ぐことがバナナを長持ちさせる秘訣になるので、房の状態にせず1本1本に分けるのが効果的です。

バナナを1本1本に切り離したら、次にビニール袋に入れましょう。

バナナをビニール袋に入れる理由はバナナに物理的な刺激を与えないことや空気に触れさせないことが大きな理由です。

空気に触れることで変色や発酵が進む原因になります。

3. バナナは冷蔵庫に保存する

バナナを1本1本に切り離してビニール袋に入れたら、冷蔵庫に保存するようにしましょう。

バナナは冷たいところ、暑いところを嫌います。

バナナ保存するのに適した温度は13度~15度と言われています。冷蔵庫だったら、野菜室にバナナを保存することをおススメします。

一般的な冷蔵庫の野菜室は、他の冷蔵庫の部屋よりも暖かめに作られておりだいたい10度前後で維持されています。

常温で置いておけば発酵が進むし、冷やし過ぎてもバナナが痛むので冷蔵庫の野菜室で保管するのがベストです。

まとめ

バナナは1房で保存せずに1本1本に分けてビニール袋に分けて冷蔵庫の野菜室に保存する。これがバナナを新鮮に長持ちさせる秘訣です。

この方法であれば5日~1週間は新鮮な状態で保存することができます。皮の色はすこしずつ黒く変色してきますが、中身は熟すことなく変色することなく新鮮な状態なまま維持できます。

バナナはとてもデリケートな果物です。買ったらすぐに食べれればいいですが、何本も食べられないときには、新鮮に保存する方法は知っておきたいものです。

バナナ