安いティーパックでもOK!美味しい紅茶の入れ方を詳細に解説

ティーバッグ

だんだん寒くなってきて温かい紅茶やコーヒーが美味しい季節になってきました。あなたは紅茶をよく飲みますか?

ティーバッグには高い価格のものから安い価格のものまでピンキリです。

安いティーバッグを使っても入れ方次第で味はまずくもなり美味しくもなります。少ないお金と労力を使っていかに美味しい紅茶を飲むか?今回はそんな知恵を紹介していきたいと思います。

紅茶を入れるカップは温めることが美味しい紅茶を入れるための条件

紅茶を入れるときに意識しておきたいのはカップの温度です。

紅茶を入れるカップが冷たかったりすると、せっかく温かいお湯を入れてもカップに熱を奪われてしまい紅茶に大切な風味を逃がしてしまいます。

なので紅茶を入れるときには、まず熱湯を1回カップに注いでカップを温めます。

カップが温まったら、再度熱湯を注いでいきましょう。

紅茶を入れる手順はお湯⇒ティーバッグの順で入れる

紅茶を入れるときにはお湯を入れてからティーバッグを入れるようにします。

お湯を注いでからティーバッグを入れる理由は、直接味にはあまり関係はありませんが入れやすさの問題です。

例えば、ティーバッグをカップに先に入れておくとお湯を入れたときにティーバッグの持ち手のタグがカップの中に入ってしまったり、ティーバッグが風船のように膨らんでしまって浮いてきてしまうからとも言われます。

個人的にはお湯を先に入れてからティーバッグを入れた方がスムーズに紅茶を入れられると思います。

熱湯を入れてティーバッグをカップに入れたら蓋をして2~3分ほど蒸らす

ここが大事なポイントです。

カップに熱湯を注いでティーバッグを入れたら蓋をして2~3分蒸らします。蓋をして蒸らすことでカップ内のお湯の温度が下がるのを抑えて紅茶の葉を開かせる役割をしてくれます。

しっかりと蒸らすことで紅茶の葉が開いておいしい紅茶の味がお湯全体に広がります。

カップからティーバッグを取り出すときにを絞るのは厳禁

ティーバックをお湯の中に入れてから取り出すときに、よくやってしまうのがティーバッグを絞ってしまうことです。

もったいないから最後までティーバックを絞り出そうという気持ちは分かりますが、最後までティーバッグを絞ってしまうと苦味が出てしまいます。

せっかくカップを温めて熱湯を入れてティーハバッグを入れて蒸らして・・・と頑張って美味しい紅茶を入れてきたのに最後でティーバッグを絞ってしまったら美味しい紅茶が台無しになります。

なのでティーハバッグをお湯から取り出すときにはゆっくり絞らずに取り出しましょう。

ティーバッグの再利用で美味しい紅茶は飲めない

よくやってしまうのが使い終えたティーバッグを2つ目、3つ目のコップへと入れて紅茶をつくってしまうことです。

私もよくやっていましたが、美味しい紅茶を飲むのなら1人1つのティーバッグと決めましょう。

1つのカップにティーバッグを使ったら、2つ目のカップに出てくる紅茶成分は苦味だけです。 

さいごに

紅茶を作るためのティーバッグは価格も色々ですよね。高いものもあれば安いものもあります。

高いからいいものであるとは限らないと思いますし、安くても入れ方次第で紅茶はとてもおいしくなりますよ。

あなたも紅茶をティーバッグで入れる機会があればやってみてください。

ティーバッグ