中古本を高く売る!ブックオフ2つの買い取り基準と価格を上げる方法

ブックオフで中古本を高値買い取り

本やCDなど、不用になったものが少しでも高く売れたらなぁと考えていませんか?

ブックオフなどで本を売るときに少し気を付けるだけで高く売れる方法を紹介します。
参考にしていただけたらと思います。

 

ブックオフの店員がする本の査定基準は大きく2つ

ブックオフの買い取りランク

ブックオフには買い取りランクと言われる基準があります。
本の種類や状態によってある程度、買い取り価格があらかじめ決められています。

ブックオフの買い取りランク

ランク/ジャンル 単行本 新書 文書&少女コミック
特A 150円 70円 50円
A 100円 50円 30円
B 50円 30円 20円
C 10円 10円 10円
D 0円円 0円 0円

1つ1つ見ていきましょう。

本のランク

ランクというのは買い取って欲しい本がどれだけ新しいかという基準です。
特A、A、B、C、Dランクの5段階評価されています。

では、そのランクがどのような状態を指すのか見ていきましょう。

特A 発売から3ヶ月以内で新品同様のもの
A 発売から3ヶ月以上経っていて傷は軽度で綺麗な状態
B 発売から3ヶ月以上経っていて傷が中等度ある状態 
C 発売から3ヶ月以上経っていて傷やヤケなど Bよりもひどい状態
D 破けていたり本の中身に書き込みがされている状態

 

本を売るときには、買い取ってほしい本が、今、どの状態にあるのかチェックすることでだいたいの買い取り価格が分かります。BやCの基準の境界線は非常に主観的であいまいではありますが、重要なのは発売から3ヶ月経っているかいないかです。発売から3ヶ月経っていると、いくら綺麗な状態の本でも買い取り価格が下がります。 

本のジャンル

ジャンルとは、その本がどのような種類のものかを指します。
上の表でも示した通り、単行本や新書、少女コミックなどがあります。

単行本が一番高く売れやすいですので、ここもチェックしておきたいところです。

古本を少しでも高く買い取ってもらうために

買い取って欲しい古本を少しでも高く買い取ってほしいのは誰もが願うことです。
本のジャンルやランクだけを見て、やっぱりこんなもんかと諦める前に高く買い取ってもらうための対策をしてみましょう。

本のカバーの汚れを落とす

売りたい本にカバーが付いていればカバーを、カバーが付いていなければ表紙の汚れを落とす努力をしましょう。
カバーや表紙は、一番先に目に入るところ。つまり、第一印象で汚れていればその時点で価格はほぼ決定してしまいます。

本の中の紙のシミをチェックする

本の中の汚れは無理だなと諦めていませんか?
案外、簡単に落ちるので、やり方を紹介しておきます。

シミなどで汚れた紙にキッチンハイターなどの塩素系漂白剤をつけて軽くこすってみましょう。
筆やタオルなどで軽くこすると、意外と簡単にシミの汚れが落ちます。
なぜ塩素系漂白剤で本のシミが落ちるのかというと、シミの原因であるホコリやカビ、手の油などを分解してくれるからです。

本の表紙や中身の小さな破れを補修する

本の小さな破れがないかをチェックしましょう。
よくあるのは、小さな破れがあることで店員さんがチェックしている最中に破れが大きくなってしまうことがあります。
そんなの店員さんのせいじゃないかと思いますけど、本の破れは価格を決める重要なポイントなのでチェックを忘れないようにしましょう。

本が破れたところに白いのりしろがあれば、つまようじの先に乗りを1mm程度つけて接着するとうまく張り付きます。

ブックオフはインターネットからも買い取り価格が分かる

ブックオフは店舗での買い取りだけではなく、インターネットからも買い取りをするサービスをしています。
だいたいの買い取り価格を知りたい場合もインターネットでできるので便利です。

▼ブックオフでの買い取り価格をこちらから調べられます▼
ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

まとめ

本を少しでも高く買い取ってほしいと考えているなら、以上のことをまずチェックしてみましょう。
買い取って欲しい本の状態を知って、対策をすることができれば高く買い取ってもらえる可能性が高まります。
是非、参考にしてもらえたらと思います。

ブックオフで中古本を高値買い取り

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。