荷物の送料は持ち込み割引で100~120円節約!割引できるクロネコヤマトとゆうパックの詳細とポイント

荷物

荷物を家族や友人などに送るときに、あなたはどの配送会社を使いますか?

今では配送方法もいろいろありますよね。クロネコヤマトの宅急便、ゆうパックなどなど。

ゆうパックやクロネコヤマトの宅急便で少しでも安く荷物を送りたい場合は、持ち込み割引を使うと100円~120円も安く荷物を送ることができます。

私はクロネコヤマトの宅急便やゆうパックをよく使うのですが、必ずこの持ち込み割引を使います。

持ち込み割引の詳細

持ち込み割引というのは、あなたが送りたい荷物をコンビニや配送会社に直接持ち込むことで配送料金が安くなるシステムです。

例えば、郵便局のゆうパックは、あなたが送りたい荷物を郵便局やコンビニに持ち込むと120円割引になります。

2015年7月までは、ゆうパックの持ち込み割引は100円引きだったのですが料金改定に伴って持ち込み割引が120円になりました。ゆうパックを使う私を始めとするユーザーにはうれしい改定でしたね。

他にもクロネコヤマトの宅急便では、送りたい荷物をクロネコヤマトの事業所やコンビニに持ち込むと100円を割引してくれます。

配送料金が100円~120円も安くなるって結構大きいと思いませんか?
是非使いたいところだと思います。

頼めばもちろん荷物を集荷にきてくれる

荷物を持ち込むことで持ち込み割引がされますけど、「割引はいらないから家まで荷物を取りに来てほしい」ということもあると思います。

「忙しくて荷物を持ち込む時間もないし、荷物を家まで取りに来てほしい」と思えば、今ではインターネットを使って荷物を取りに来てもらう手続きもできます。

例えば、郵便局で荷物を運ぶんだったらインターネットか電話で荷物を家まで取りに来てくれますよ。

郵便局のホームページはこちらにあるので参考にしてください。

クロネコヤマトの宅急便に荷物を家まで取りに来てもらうときにも、郵便局と同じで電話かインターネットで集荷をお願いすることができます。

クロネコヤマトのホームページに詳細があるので、こちらを参考にしてください。

提携するコンビニに持ち込んでも持ち込み割引は適用される

荷物を郵便局やクロネコヤマトを使って送りたいときに、わざわざ郵便局やクロネコヤマトに持ち込むのは正直面倒です。

私の住んでいる街では特に面倒で、クロネコヤマトの事業所までは家から約8km、郵便局までは約6kmもあります。

わざわざ荷物を郵便局やクロネコヤマトの事業所まで持っていかなくても、クロネコヤマトや郵便局が提携しているコンビニからも荷物を送ることができて持ち込み割引も適用されますよ。

私の住んでいるところでは、クロネコヤマトの事業所や郵便局よりもコンビニの方が近くにたくさんあるので、専ら荷物を持ち込むのはコンビニです。

ここで注意したいのは、クロネコヤマトと郵便局の「荷物を持ち込めるコンビニは違う」ということです。

クロネコヤマトと提携しているコンビニは以下の通りです

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • サークルK
  • サンクス
  • デイリーヤマザキ
  • ヤマザキスペシャルパートナーシップ
  • スリーエフ
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • スリーエイト
  • くらしハウス
  • ニューデイズ
  • ココストア
  • エブリワン
  • セーブオン
  • ハート・イン
  • アズナス
  • アンスリー
  • オダキューマート
  • リトルスター

たくさんのコンビニがありますね。これだけたくさんのコンビニがあるとあなたの近くにもきっと対象のコンビニがあると思います。

荷物はクロネコヤマトに持っていかなくても、このコンビニに持っていけば持ち込み割引が受けられて安くなるので、時間もお金も節約になって嬉しいです。

郵便局の持ち込み割引が売れられるコンビニ

  • ローソン
  • ミニストップ
  • セイコーマート
  • ローソンストア100

ゆうパックの持ち込みができるコンビニは、クロネコヤマトに比べると少ないですね。

郵便局なら持ち込み割引が120円適用されるので、そのときの状況に合わせて使い分けるようにするといいです。

着払いでも持ち込み割引は適用される

家族や知人の方に荷物を着払いで送る場合にも、少しでも荷物の配送料金が安いにこしたことはありませんよね。

着払いでも持ち込み割引は使えるので、是非利用してみましょう。

さいごに

クロネコヤマトやゆうパックの持ち込み割引について紹介しました。

ヤフオクを利用したり、荷物を日頃から送ることが多い方は少しでも荷物の配送料金を安くしたいですよね。そんなときには、この持ち込み割引を上手に活用してください。

1回に100円~120円の割引と、割引額は小さいですが塵も積もれば大きくなりますよ。

荷物

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。