どうせ買うなら美味しいキャベツを!美味しいキャベツの選び方と保存方法

キャベツ

キャベツはどの家庭でも活躍するなくてはならない野菜ですね。

最近ではキャベツの価格も高い傾向ですが、どうせ買うのなら新鮮で美味しいキャベツを買いたいところだと思います。

今回は美味しいキャベツの選び方を紹介します。

まるごと1個のキャベツは重いものを選ぶ

まずキャベツを選ぶときに、あなたはどうやって選んで買っていますか?おそらく重さや色を見て選んでいると思います。

キャベツは重ければ重いほど、中身がずっしり詰まっているので美味しくてお得です。

新鮮さを見るならキャベツの色を見るといいです。新鮮なキャベツほど色が緑なので白いキャベツは極力選ばないほうがいいですね。

半分のキャベツは芯の長さと太さ、そして色で選ぶ

 まるごと1個のキャベツは大きいから要らないという方は半分にカットされたキャベツを選ぶと思います。

半分にカットされたキャベツは芯の長さと太さと色で選ぶといいです。

芯の色を見て選ぶ理由はキャベツは芯から腐り始めるからです。なので芯が黒いものはあまり新鮮ではないので芯の色は白くて新鮮なものを選びましょう。

また芯の長さに関してはあまり長すぎると美味しくないので、だいたいキャベツの1/3~2/3の高さの芯を持ったキャベツを選ぶといいです。

キャベツの芯の太さはだいたい500円玉くらいの径がいいですね。半分にカットされているなら500円玉の半分の径くらいのもを選びましょう。あまり太さが大きいものだと芯が成長しすぎて苦味が出ることがあります。

半分にカットされたキャベツは中身が見えるのでぎっしり隙間のないキャベツを選ぶようにするといいですよ。

キャベツの外葉が白色ではなく緑色の方が新鮮な証拠

キャベツは外葉が緑であればあるほど新鮮です。

キャベツの外葉は中身をしっかり保護する役割もあるので外葉が白かったりすると傷んでいたり中身自体も新鮮ではない可能性もあります。

なのでキャベツの外を覆っている大きな葉がしっかりとしたツヤがあって緑色であるキャベツを選ぶといいです。

キャベツはできるだけ切らずに保存する理由

キャベツは買ったら1度になかなか食べきることはできないと思います。

そんなときは千切りなどにせずに玉のまま保存するようにします。できればラップなどで巻いて栄養素が逃げないように保存ができるといいですね。

キャベツを切らずに保存する理由はやはり栄養素が逃げてしまうからです。

中には千切りにして水に浸して冷蔵庫などで保存する方もいますが、水にキャベツを浸してしまうと水の中にキャベツの栄養素が溶けだしてしまうのであまりよくないです。

キャベツにはたくさんの栄養素が含まれています。

例えばビタミンUやビタミンCなどが含まれていますが、中でも疲労を回復してくれるビタミンCが豊富です。

ビタミンCやビタミンUは水溶性のビタミンなので水で洗ったり水に浸して保存すると水に栄養が溶けてしまいます。

なのでキャベツを切ったら水で洗わないようにして、保存はできるだけせずにその日のうちに食べてしまった方がいいですね。

さいごに

私の家庭でも妻が週に何回か食卓にキャベツのサラダを出してくれます。

どうせ食べるなら美味しいキャベツを食べたいので私も妻も紹介したような美味しいキャベツの選別方法を心がけてキャベツを選んでいます。

これからキャベツを買うときには意識してキャベツを選んでみてください。

キャベツ

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。