携帯料金を安く抑えられる格安SIMとは?格安SIMを使えば携帯料金が1000円以下に節約できる

格安sim

最近は、携帯電話でなくスマートフォンを持ってる方がほとんどの世の中になりました。

スマホは、どうしても基本料金が高いので月に1万円くらいの料金になってしまうも事実。

どうにかして携帯料金を安くできないかと考えていませんか?

最近、何かとよく聞く格安SIMですが、何のことか分からないあなたに格安SIMのメリットやデメリットも詳しく解説します。

携帯電話は本体とSIMカードで成り立っている

難しい言葉で説明しても、わけが分からないことが多いと思いますので、できるだけ簡潔に分かりやすく説明していきます。

まずはじめに私たちが使っている携帯電話は、スマートフォン本体とSIMカードの2つから成り立っています。

外見上はスマートフォンしか見えないので、SIMカードなんて分からないって思うかもしれませんが、スマートフォンには必ずSIMカードが入っています。

スマホとSIMカード

ここまで大丈夫ですか?

SIMカードには、あなたと携帯電話会社との契約情報などのデータが入っている

SIMカードは、スマートフォンを使う上で大事な契約情報が入っています。

例えば、あなたの携帯電話番号やインターネットの使用料などがすべてこの小さいSIMカードに入っているんです。

だから仮にあなたのスマートフォンが壊れても、原則的には他のスマートフォンにSIMカードを差し替えれば問題なくそのスマートフォンが使えるということです。

そんなSIMカードですが、色んな種類があるので少し紹介しておきます。

大きさは、だいたい以下の画像のように3種類ほどです。こういうカードです。

SIMカード

あなたの携帯電話にも必ずこのSIMカードは入っているので一度確認してみましょう。

格安SIMは、ドコモやauの回線を借りてる分、設備代をお客さんに安く還元できる

SIMカードは携帯電話にはなくてはならないものだということは分かったと思うのですが、じゃあなんでSIMカードに「格安」があるのかという話です。

格安SIMとは、その名の通り安い価格のSIMカードということです。

格安SIMを提供している会社は、自分の会社で電話や通信に必要な回線を持っていません。その代わりにドコモやauの通信回線をみんなで借りて使っています。

そこに安さの理由があります。

ドコモやauから通信回線を借りることで設備投資にお金をかけなくて済む分をお客さんに還元できるということです。

例えば、ドコモは日本で大手の電話会社ですが設備投資に莫大なお金がかかっているのでその設備にかけたお金をお客さんから回収しなければいけませんよね。

でも格安SIMを提供している会社は、回線を作る必要がないので、その分をみんなが安く使えるようにということで格安SIMを提供している会社間で価格競争が起きているんです。

結果、月に1000円程度で使えるSIMを提供する会社がたくさん出てきています。

格安SIMを使うことで毎月の携帯料金が1000円以下にもなる

格安SIMを提供している会社は、今ではたくさんあります。

 色んな会社が、自分の会社で契約をしてほしいがために価格競争をしています。今では、格安SIMの料金は月に1000円以下で使える会社も少なくないですね。

ここで、格安SIMでは大手のBIC SIMの料金体系を見てみましょう。

BIC SIMの料金体系

SIMカードだけならプランによって900円~2000円代で使えるのが分かります。

安く携帯電話を使えるけど、格安SIMを使うことのデメリットも理解しておきましょう

格安SIMを使うことで、大手携帯電話会社のドコモやau、ソフトバンクなどで月に10000円もかかる携帯電話料金を月に1000円程度に抑えられるのは大きなメリットです。

しかし、メリットばかりではないことは覚えておきましょう。デメリットももちろんあります。

格安SIMを使うデメリットは、通信速度が少し遅いことです。色んな実際に使ってみるとなかなか繋がらなくてイライラすることもあるのは事実です。

色んな会社は、「通信速度が速いですよ!」って謳っていても住んでいる地域や携帯電話の環境などにより実際に使ってみないと分からないことは正直あります。

また、デメリットの2つ目として格安SIMは、サポートがあまり充実していません。

ドコモやau、ソフトバンクのように店舗がある会社は、まだまだ少ないので電話やメールでのサポートを主としている会社が多いです。

まとめ

格安SIMを紹介するために、色々書いてきましたが最後にまとめとして簡潔にまとめたいと思います。

  1. 携帯電話(スマートフォン)は携帯電話本体とSIMカードから出来ている
  2. 格安SIMが安い理由は、ドコモやauから通信回線を借りることで、その分お客さんに還元でき安く提供できる
  3. 通信速度が遅くなるデメリットもあるが、月に1000円程度でスマートフォンを持つことも可能
  4. 格安SIMは確かに安くて節約になるが、通信速度やサポートなどのデメリットもしっかり理解しておく必要がある

ここまで格安SIMについて解説してきました。今ではたくさんの会社が格安SIMを提供していていますので少しでも参考になればうれしいです。

格安sim