エアコンの節電に効果あり!リモコンの風量設定と連続運転

エアコンのリモコン

エアコンを使うときに風量の設定ってあなたはどのようにしていますか?

「エアコンを使うと電気代が高くなるから、風量はできるだけ抑えて使おう」と思って、リモコンで風量をこまめに弱くしたり強くしたりしていませんか?

私の家でもエアコンを使っていますが、実は結論から言うと、エアコンの風量設定は”自動”にしておくのが一番電気代がかからなくて省エネなんですよ。

自動にしておくと風量が強くなるとイメージがありますけどそうじゃないんです。詳しく紹介します。

エアコンの風量設定は自動にしておくことが電気代を抑える理由

まずエアコンは部屋の温度をまず感知してから部屋を暖めたり冷やしたりする作業に入ります。

部屋が寒かったり熱ければエアコンは頑張ってたくさんの風を出して部屋の温度を変えることに努力してくれます。

私たちはとかく、エアコンは電気代がかかるからこまめに自分の感覚でリモコンをポチポチして風量を変えたがります。

「エアコンに任せておくよりも自分の感覚で風量を調節したほうが無駄な電気を使わなくて済む」って考えるからです。

でもエアコンは、例えば部屋が寒いときに部屋が温まるまでは強風で、ある程度部屋が温まってきたら風量を抑えて今後は温めた部屋が冷えないように風量を弱くして温度を維持してくれます。

このときに「電気代がかかるのが嫌だから」と、風量をずっと弱風にしておくと部屋がなかなか温まらないばかりか電気代もそれだけ消費することになります。

部屋を暖めるときには急速に暖めてある程度部屋が温まってきたらそこから風量を抑えていくので、これが一番効率的で電気代がかからないんですね。

部屋が温まったらエアコンを切ることは電気代アップにつながる

「エアコンを使ってある程度部屋が温まったらエアコンを切って、また部屋の温度が下がって寒くなったらエアコンをまたつける」なんてことはしていませんか?

これも電気代が上がる1つの要因です。

やっぱり連続してエアコンを運転することは電気をたくさん消費すると思ってしまうのでエアコンを切ってしまうんですね。

先ほども紹介しましたけど、エアコンは電源が入って部屋を温め始めるのに一番電気を使います。エアコンをいちいちつけたり消したりを繰り返すことでこの電気消費が多くなるので節電には効果的ではありません。

まとめ

エアコンを使ってもできるだけ電気代を節約したいと考える場合には、リモコンの風量設定を”自動”にしましょう。

風量を自動にすることでエアコンが部屋の温度を感知して必要なときに必要な分だけ風を出してくれます。

あと部屋がある程度温まったらこまめにリモコンのスイッチを入れたり消したりすることはやめましょう。エアコンの起動回数が多くなり電気の消費が多くなりますからね。

さいごに

今年は寒いですからエアコンは冬を乗り越えるための必須アイテムですね。

エアコンを使ってもできるだけ電気代を抑えたい場合はリモコンの使い方1つで電気代が全然違ってくるので今回紹介したことを試してみてください。きっと節電に効果がありますからね。

エアコンのリモコン