検証済!エアコンの電気代を半分にする節電方法5選

エアコンの節電

エアコンを使うことで電気代が高くなりやすいことは周知のことだと思います。

夏や冬にはエアコンは温度調節のために必須のアイテムです。

しかし、エアコンを使うことで電気代もバカになりません。
この記事では、実際に私も効果を実証済みのエアコンの節電方法を紹介します。

 

1. 適切な温度で使う

エアコンは適切な温度で使えば電気代を抑えることができます。

冬と夏で適切な温度は異なりますが、夏であれば28度、冬なら20度が適温です。
この温度は環境省が推奨している温度です。

また、エアコンの温度を1度低めに設定すると10%もの節電になります。
夏、冬には適切な温度に設定して節電を心がけてみましょう。

 

2.風量は自動運転にすることで電気代を抑える

電気代を抑えようとして、始めから風量を抑えていると部屋が適温になるまでに時間がかかります。

実はエアコンは、設定温度になるまでが一番電気を消費します。

最近のエアコンは、部屋が設定温度になるまでは強風運転になり、部屋が設定温度になると微風運転に切り替わるようにできています。

つまり、自動運転にすることで電気代を節約できるということです。

 

3. こまめな電源オン、電源オフは節電には逆効果なのでやらない

部屋が設定温度になったら、エアコンの電源を切ったりしてませんか?
それが節電につながると思いこんでいる方が多いようです。

エアコンは部屋を設定温度に近づけるまでが一番電気を使います。

エアコンのスイッチを入れてから約1時間は20円程度、その後は温度を一定に保つだけなので電気代は5円~10円と安くなります。

つまり、電源をつけては消してとしていると、電気代が余計にかかることになります。

一度つけたら自動運転にして、設定温度を維持するようにしましょう。

 

4. 室外機を壁から距離を取るように置く

エアコンの室外機の構造と働きを知っていますか?

エアコンの室外機は、室外機の後ろから大気を取り込み、前のファンから熱を放出します。

つまり、室外機の前と後ろにしっかりスペースを作ることで熱を放出しやすくなります。
室外機を風通しが良いところに置くと、稼働率効率が約20%も上がります。

 

5. 今、使っているエアコンの性能を見直す

あなたのエアコンは新しいですか?
もし古いエアコンを使っているのであれば、見直すのも1つです。

その理由として、最近のエアコンは省エネ機能が進んでおり、およそ10年前のエアコンと比べて消費電力は半分程度になっています。

電気代も年間で約2~3万円もの差が出てくることがあるので、新しいエアコンに変えてみるのも節電対策の1つになります。

 

まとめ

いかがですか?

エアコンは電気代がかかるのは事実ですが、使い方次第で節電効果を期待できます。
また、最近のエアコンは10年前に比べて比較にならないほど省エネ機能が進化しています。

まずはエアコンの使用環境を見直すだけでも十分に節電効果があるので、ぜひ試してほしい。

 

エアコンの節電

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です