イオンのお客様感謝デーはイオンカードを提示するだけで5%オフが受けられる!クレジット決済は必要なし

お客様感謝デー

CMでよくやっている「20日、30日5%オフ~♪」

これはイオンカードやwaonを使ってレジで精算すると、会計から5%割引になるというものです。

おそらくあなたは、「イオンカードはクレジット決済しないと、この5%オフは受けられないのではないか」と思っていませんか?

実は、イオンカードはクレジット決済しなくてもレジで店員さんに提示すれば会計から5%オフにしてくれます。

クレジット決済じゃなくても大丈夫。イオンカードをレジで出せば5%オフが受けられる

イオン各店舗での毎月20日、30日の5%オフは、以下の条件で適用されます。

  • イオンカードのクレジットでの支払い
  • waonでの支払い
  • イオンカードをレジで提示した上での現金、イオンギフトカード、イオン商品券での支払い

なので、必ずしもクレジットカード支払じゃないと5%オフは受けられないわけではないんです。

昔はイオンカードをレジの店員さんに見せれば会計から5%オフにしてくれていたこともあったようなんですけど、今ではレジで店員さんにイオンカードを提示して預けないと5%オフは受けられません。

会計時にレジでイオンカードを提示すると、レジでスキャンをします。このスキャンをすることであなたのイオンカードの有効期限が切れていないかなど、「使えるかどうか」を判断します。

そこで問題なければ5%オフが適用されます。

イオンカード以外のクレジットカードを提示しても割引は受けられない

5%オフの割引を受けるには、クレジットカードならどの種類でもいいというわけではなくて、イオンカードのクレジットカードでなくては割引は受けられません。

イオンカードを持っていない方は、発行してレジで提示するようにするといいです。

これからイオンカードを作るのならネットから申し込んだほうお得です。理由などは以下のページで紹介していますので参考にしてください。

参考 イオンカードは店頭よりネット申し込みの方がメリットが大きい理由

イオンカードでのクレジット決済じゃないと、ときめきポイントはもらえない

買い物をしたときに、ときめきポイントをもらいたければ、クレジット決済を選びましょう。

現金払いや商品券での支払いでは、ときめきポイントは貰えません。イオンで買い物をするとときめきポイントというものが貰えるのですが、貯めると色々な商品と交換してくれますよ。

ときめきポイントとイオンカードについて紹介もしてますので参考にしてください。

参考 イオンカードで貯まったときめきポイントを商品と交換する方法

まだイオンカードを持っていない方は、ネット申し込みすると、たくさんのときめきポイントを貰えるキャンペーンもやっていますよ。

参考 イオンカードは店頭よりネット申し込みの方がメリットが大きい理由

まとめ

イオン各店舗で、毎月20日、30日に5%の割引を受けるにはイオンカードが必要です。

必ずクレジットカード支払いじゃないと割引が受けられないかというと、それは間違いで現金払いでもイオンカードをレジで提示すれば割引を受けられます。

イオンをよく利用する方はイオンカードを持っていると便利で節約になりますよ。

▼イオンカードの詳細・発行はこちらから▼

お客様感謝デー

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。