使わなきゃ損!ETCユーザーならマイレージサービスで割引を受けよう

ETCマイレージ

高速道路をよく使う方は、ETCマイレージサービスを使うとさらに割引が効いて便利です。

 ETCカードを持っているだけでは受けられない平日朝夕割引が受けられたり、高速道路を利用した金額に応じてマイレージが貯まって通行料金に還元してくれます。

ETCマイレージサービスに登録すれば平日早朝割引の適用やマイレージが貯まる

ETCマイレージサービスはETCカードを持っていれば誰でも無料で登録ができます。

どんなサービスかと言うと、ETCを使った額に応じてポイント貯まって、そのポイントを使ってまたETC料金を割引してくれるものです。

元々はETCを使ってくれる人を増やす目的で始まったサービスです。

私もETCカードを使って高速道路を月に何回かは乗るのでETCマイレージサービスに登録しています。

わざわざ登録をしなくても休日割引や深夜割引は適用されるんですが、平日朝夕割引はETCマイレージサービスに登録していないと受けられません。

案外、これを知らない方は多いんじゃないかなって思っています。ETCさえ作れば時間帯別に勝手に割引が適用されるって思っていませんか?

参考:ETCマイレージサービスに登録しないと平日朝夕割引は適用されないから必ず登録するべき

高速道路の料金50円~100円で1ポイント貯まる

使う高速道路によって多少違うんですが、だいたい平均して50円~100円につき1ポイントのマイレージが貯まります。

分かりやすいように、どの高速道路が、どのくらいの金額でポイントが貯まるのか表にしてまとめました。参考にしてください。

管轄場所 還元率
NEXCO東・中・西日本が管理する道路 10円につき1ポイント
本州四国連絡高速道路株式会社が管理する道路 10円につき1ポイント
名古屋高速道路が管理する道路 100円につき1ポイント
福岡北九州高速道路が管理する道路 100円につき1ポイント
愛知県道路公社が管理する道路 100円につき1ポイント
宮城県道路公社が管理する道路 10円につき1ポイント
神戸市道路公社が管理する道路 50円につき3ポイント
広島高速道路公社が管理する道路 100円につき1ポイント
阪神高速道路株式会社が管理する道路 100円につき3ポイント

一般的に高速道路っていうとNEXCO東・中・西日本fが管理している大きな高速道路を使う方が多いと思います。

東名高速道路や東北自動車道、名神自動車道など本州の南北を結ぶ大きな高速道路はNEXCO東・中・西日本が管理しています。

やっぱり使う人が多い分還元率が10円につき1ポイントなので、他の道路に比べると一番低いですね。

これは例えば、東名高速道路を使って10000円分の高速料金を支払った場合、10円につき1ポイントが貰えるので1000ポイントが貰えることになります。

ETCマイレージが1000ポイント貯まれば500円分高速道路の通行料金が割引される

高速道路をたくさん利用して貯めたETCマイレージポイントは、1000ポイント貯まれば500円分の通行料金として割引をしてくれます。

分かりやすいようにポイントごとの割引適用額をまとめました。

貯めたポイント 還元される額
1000ポイント 500円
3000ポイント 2500円
5000ポイント 5000円

これを見ても分かるように、ポイントを貯めれば貯めるほどポイントを無料通行分に還元してくれます。

これを知れば、ETCマイレージには必ず登録しておいた方が良いと思います。

登録していなければ、深夜割引や休日割引しか受けられませんが、登録すればETCマイレージも貯まるし平日朝夕割引も適用されます。

まとめ

ETCをよく使う方は、ETCマイレージサービスに登録しておいたほうがいいです。

デメリットは登録時の手間くらいで、登録さえ済んでしまえばあとは利用するたびに利用額に合わせてマイレージポイントが貯まっていきます。登録しないと受けられない平日朝夕割引も受けられるようになりますからね。

ETCマイレージ