賞味期限って何ですか?消費期限との違いを詳細解説

賞味期限

食品などには賞味期限がありますが、消費期限と言う言葉もあるし混乱しやすいですね。あなたは気にしたことありますか?

とかく、賞味期限が近いものは安くなりやすいので節約を考えたときにはうまく使えば支出を抑えることができます。

賞味期限と消費期限の違いって何でしょうか?

賞味期限と消費期限の違いって何?

食べ物には必ず「この日までに食べてくださいね」という期限の表示があります。それが賞味期限と消費期限です。

賞味期限と消費期限、2つの言葉があると混乱しやすいですが、整理してみるととても単純で分かりやすいですよ。

分かりやすいように賞味期限と消費期限の図を用意しました。以下の図を見てください。

賞味期限と消費期限

消費期限と賞味期限の図があります。

消費期限と賞味期限の違いというのは、期限を過ぎても食べてもいいか、食べちゃダメかの違いです。

消費期限は時間が経つと早く悪くなって食べられなくなるものなので期限を過ぎたら食べちゃダメ、賞味期限は劣化が比較的遅いものに設けられているので期限を過ぎても食べられます。

  • 消費期限・・・食べても安全な期限
  • 賞味期限・・・美味しく食べられる期限

もう1度言いますが賞味期限が過ぎてもまだ食べられますが、消費期限があるのものは期限を過ぎたら食べないほうがいいです。

例えば、お弁当やお菓子、お刺身など腐りやすいものをイメージすると覚えやすいと思います。

コンビニで売られているお弁当やスーパーで売られているお刺身には「賞味期限」ではなく「消費期限」って書いてあります。

「腐りやすいのため、この日、この時間までに食べてください」という警告をしてくれています。

じゃあ賞味期限はというと、劣化が比較的遅いもののため期限を過ぎても一定期間は食べることができます。

賞味期限は、長期間保存ができる食品に表示されている「おいしく食べられる期限」であり、それを過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではありません。

賞味期限を過ぎた食品については、見た目や臭いなどで個別に判断しましょう。

賞味期限や消費期限が近い食品を使えば支出を抑えることも可能

スーパーに行くと賞味期限や消費期限が近い商品は値段が下げられて安くなる傾向があります。

買ってすぐに使う物であれば期限が近いものでも節約になるので買う価値はあります。

例えば、「本日22時までが消費期限」という表示がされているお肉なんかは夕食に使おうと考えて買うのなら買ってもいいと思います。

でもただ安いからという理由で買うのは無駄使いになるのでやめた方がいいです。

こうやって毎日、スーパーで期限が近くなって安く販売されている食材を見ながらごはんの献立を考えられたら素晴らしいですね。

まとめ

消費期限と賞味期限の違いをさいごにおさらいしましょう。

  • 消費期限・・・食べても安全な期限
  • 賞味期限・・・美味しく食べられる期限

賞味期限が近いものはスーパーなどでは安く販売されていることが多いのでうまく利用すれば支出を抑えることができます。

でも安いからという理由だけで買うのはあまりよくありません。結局買っても使わず捨ててしまうということになれば無駄遣いで終わってしまいます。

使う計画をしっかり立てたうえで賞味期限が近い食材を買うのは支出を抑えるうえでとても有効な手段だと思います。

賞味期限

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。