これで床の凹みも安心!フローリングのへこみを簡単に治す2つの方法

床の凹みの修復

床に物を落としたり、経年劣化で床にへこみができてしまうことはよくあること。
床のへこみを直そうと思っても、専門の業者に頼めば値段が高いだろうし、できれば自分で治したいはず。

そんな床のへこみを簡単に直す方法を紹介する。

断っておくが、完全な修復は難しいかもしれないが、復元はできることは保障する。
是非、試してほしい。

フローリング床を無料で簡単に治す方法

画鋲または針と水を使う

へこんだフローリング床に針や画鋲を使って、小さな穴をあけよう。
この時に針を刺す回数は3~4回くらいを目安に行う。

針や画鋲で開けた穴から水を流してみよう。
開けた穴に水を流すことで、床のフローリング全体に水が行きわたり、床材が水を吸って復元しようと膨張する。

結果、床の凹みが直るという仕組みだ。
これだけでも修復は可能であるが、さらに効果的な方法を以下に示す。

アイロンとタオルを床に当てて直す

この方法もとても簡単だ。
アイロンと水で濡らしたタオルを用意しよう。

へこんだ床に水で濡らしたタオルを当てて、その上からアイロンを当てる。
そうすることで、へこんだ床が蒸気で温められて床材が膨張して元に戻る。

分かりやすいように動画を用意したので参考にしてほしい。

これらのように家にあるものを使って無料でやるには、上記の方法が一番効果的で実用的である。
注意したいことは、床の凹みは直るが、床の傷はこれらの方法では復元しないため注意しよう。

有料でもいいから床のへこみを直す方法

パテを使って床の凹みを直す方法

パテをご存じだろうか?
パテとは床の割れたヒビなどを修復できる塗料である。

削れた床にこのパテを塗ることで、見た目的にも綺麗に修復することができる。

ウッドパテ

これがパテである。
粘土のような素材を想像してくれればいいだろう。

これを凹んだ床に塗ることで、凹みを平らにしてくれるという仕組みだ。

ここで注意したい点があるので確認してほしい。

パテの色には多数の種類があるため、あなたの家の床の色を確認しておこう。
あなたの床の色に近い色のパテを使うことで、仕上がりも綺麗になる。
そのためにもホームセンターにパテを買いに行く際には、あなたの床材の色が分かるように色見本や写真を持っていくといい。

まとめ

床の凹みは、直らないものではなく直す方法さえ知っていれば簡単に直せる。
安易に専門業者などに修理を依頼すれば、大きな金額がかかるがやり方次第で綺麗に安く床をよみがえらせることができるので、是非参考にしてほしい。

床の凹みの修復