店が価格操作?毎日安い冷凍食品の値段のからくり

冷凍食品

お弁当のおかずに冷凍食品を利用している方は多いと思います。

冷凍食品ってなんで毎日半額とか安いのかなって思ったことはありませんか?冷凍食品は、スーパーなどで3割引きとか半額とかの値引きをしていますが、値引き価格に隠された事実があります。

今回は、そこに注目した記事を書きます。参考にしてください。

冷凍食品に希望小売価格は存在しない

よくスーパーで販売している冷凍食品で「メーカー希望価格の半額!」とか「メーカー希望価格の3割引き!」という広告を目にしませんか?
500円の冷凍食品が半額の250円で販売されていることも珍しくありません。

実は冷凍食品に希望小売価格は存在しません。
どういうことかというと、あなたがよく行くスーパーでは冷凍食品の価格は自由に設定できるんです。

何が問題になるのかと言えば、本来は希望価格なんて存在しないのに、お店側が希望価格を高く設定することでそこから割引してお得感を出すことです。

もっと分かりやすく説明しましょう。

 

下の画像を見てください。
この500円の冷凍食品をよく見ると、メーカー希望小売価格とか書かれています。

こんな広告見たことないですか?

冷凍食品の表示

この広告のどこがいけないかというと、先ほども言ったように本来、冷凍食品メーカーは希望小売価格を設定していません。
つまり、お店側があたかもメーカーが500円で販売してほしいって言っているけど、私のお店では半額の250円で販売していますよ。お得ですよ!って宣伝しているんですね。

この表示に一部の冷凍食品を販売するお店に対して消費者庁から2013年に指摘が入っています。

まとめ

冷凍食品に希望小売価格がないことは分かってもらえたでしょうか?

冷凍食品を安く買えること自体は、私たちに不利益はありません。
しかし、これからスーパーの冷凍食品への対応は変わってくるでしょうね。

例えば、毎日半額だったらおかしいですから、毎日半額で販売するのではなく、週に2日とか3日は通常価格で販売したりして本当に価格設定や割引が妥当な数字であることを示すですかね。
まだ、中には根拠のない価格設定をしているお店もあるでしょうから、疑問に思ったらお店の人に確認してみましょう。

冷凍食品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。