不要になったベッドを民間業者ではなく自治体に回収してもらうと激安でできる

ベッド

長い間、自宅で使って不要になったベッドがあります。そのベッドはパイプベッドでどう処分するのが安く処分できるのか色々調べた結果、私が住んでいる街の自治体で引き取ってもらうのが一番安く処分できることが分かりました。

まず初めにしたことは、民間でベッドを処分するといくらかかるのか調べた

不要になったベッドを処分するために私がやったことは民間でベッドを回収して処分してくれる会社を何件かあたり相談をしました。

結果、民間の回収会社では1個のベッドを回収してもらうのに6000円かかるということでした。

この6000円は、会社のスタッフを1人私の自宅に派遣させ私の自宅からベッドを回収する車に運ぶための手数料とベッドの処分代金だということのようです。

「1人ではベッドは運べないので、私に手伝ってもらうことになる」とこの回収会社は言いました。

仮に2人のスタッフを派遣することもできるが、その場合は5000円をプラスして11000円かかるとのこと。

ベッドを処分するのに11000円もかかるなんて嫌なんで民間の会社で処分するのはやめて私の住んでいる自治体ではベッドを処分するのにいくらかかるのか調べました。

自治体で処分すると1200円でベッドが処分できる

早速自治体に電話をして相談すると、「1200円でベッドは処分できます」とのこと。

民間会社では最低6000円もかかるのに自治体に頼むと1200円でできるのかと少し驚きましたが、民間会社は利益を出すために仕方ないですよね。

ちなみに私が住んでいる自治体では以下の物をこのくらいの値段で処分してくれます。

処分にかかるお金

これはほんの一部ですが、IHクッキングヒーターは300円、圧力釜も300円で回収してくれます。

自治体で処分してもらうには連絡ゴミ処理手数料納付証をコンビニで購入する

私が処分したいベッドは1200円かかるので、市内のコンビニで「連絡ゴミ処理手数料納付証」というものを1200円分購入します。

市内のコンビニであれば、セブンイレブンでもローソンでも関係なく購入できます。

連絡ゴミ処理手数料納付証を購入したら処分したいベッドに貼付してゴミ処理場に持っていくか、市から指定された日に家の前の道路に出しておくと取りに来て処分してくれます。

本当に自治体に相談してよかったです。

さいごに

今回、私はベッドを処分する予定ですが、中には洗濯機などのもっと大きくて重い粗大ごみを処分したいときもあるでしょう。

そんなときには、あなたの自治体で処分すると安く支出を抑えることができますよ。

ベッド