高い入院費は高額療養費を使って支出を抑えよう!高額療養費の詳細と無駄なく使うポイント

病院

病院で入院や手術をすると1度に何十万円もの大きな金額がかかることがあります。

とてもそんな大金は一度に払うことができないということもありますよね。

そんなときには高額療養費といって、ある一定金額を超えた入院費については、その超えた金額分を健康保険協会が補助してくれる制度を使うと支出を減らすことができます。

これから病院に入院する予定がある方は、しっかり頭に入れておきましょう。

高額療養費の詳細

高額療養費というのは、月初めから月末まで(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額を超えた金額が後で払い戻される制度です。

ここでいう「一定の金額」というのは、後でも説明しますがあなたの収入によって変わってきます。

私は以前、手術をして病院に1ヶ月ほど入院したことがあって、そのときに入院代と手術代金混みで30万円くらいかかったことがあります。

幸い、この高額療養費制度があったので支払い額を6万円ほどで抑えることができました。

私のように、大きな手術をしたり入院が長期になるときに高額療養費を使うと、30万円もの大金をすべて自分の負担で支払わなくても健康保険協会から補助金が出て支払いを楽にしてくれます。

高額療養費でどのくらい安くなるのか

高額療養費は、実際にどのくらいの補助が貰えてどのくらい安くなるのかというのは、あなたの所得によって変わってきます。

以下の資料を見てください。70歳未満の方はこの資料の金額が適用されます。

123

例えば、あなたの年収が370万円以下であれば、1ヶ月にどれだけ医療費がかかっても高額療養費を使えば57600円で済みます。

もっと言えば、入院費が50万円かかっても、100万円かかってもあなたの自己負担額は57600円で済むということです。

年収が370万円よりも多いという方は、上の資料にあるように負担が大きくなります。この高額医療制度は収入が多い人ほど、支払い額が多くなる制度になっています。

私が以前手術をして入院をしたときには年収が370万円以下だったので57600円で済みましたよ。

高額療養費の受け方

高額療養費の受け方には2通りあります。

  1. 一度、全額支払ったあとに高額療養費を申請する
  2. 事前に限度額適用認定証を申請して自己負担額だけ支払う

私が病院で入院をしたときには、2番の「事前に限度額適用認定証を申請して自己負担額だけ支払う」というやり方を使いました。

1番のやり方で、一度全額支払ったあとに上限額を超えた金額を受け取ることもできるのですが、ここにはデメリットがあります。

それは1度大金を用意しないといけないことです。

私の場合は入院費が30万円ほどかかったので、もし1番のやり方を選んでいれば30万円を一度病院に支払をしないといけませんでした。

でも2番の「事前に限度額適用認定証を申請して自己負担額だけ支払う」というやり方を選ぶと、その30万円を用意することはしなくても自己負担額である57600円だけ支払えば大丈夫です。

この2番の方法は、どうせ後から自己負担額を差し引いた差額を返してもらうんだから、初めからその分を引いて会計してもらおうよということです。

その方法で入院費を支払うには、限度額適用認定証を申請しないといけないですが、あとからお金が返ってくる分を事前に差し引いて会計ができるので30万円の支払いはしなくて済みますし、支払いが57600円で済みました。

限度額適用認定証を申請するには

払い戻してくれるお金を事前に差し引いて会計をするには、限度額適用認定証が必要だと説明しましたね。

その限度額適用認定証を貰うには、健康保険組合のホームページで限度額適用認定証の申請書をダウンロードして提出する必要があります。

見本ですがこういう申請書です。

2016-01-24_220756

限度額適用申請書を書いたら、健康保険教会に提出すると、あなたの自宅に限度適用申請書が届きます。

届いた限度額適用申請書は、あなたが入院するときに病院に健康保険証と一緒に提出しましょう。そうすると、退院する会計時に例え何十万と入院費がかかろうと、限度額以上はかかりません。

1つ注意したいのは、食事代や保険外診療は自己負担になるので覚えておきましょう。

高額療養費を無駄なく使うには

この高額療養費を最大限有効に使って入院費を抑えるには、入院が月を跨がないことが大切です。

その理由は、高額療養費は月の1日から月末までの入院費が対象になるからです。

例えば、6月23日から7月30日まで入院して6月分の入院費は3万円、7月分の入院費は30万円だったとします。

もしあなたの年収が370万円以下であれば、入院費が57600円以下だとすべて自己負担になりるので、6月分の3万円は補助が受けられず全て自己負担をしないといけなくなります。

7月の入院費の30万円は高額療養費が適用されるので30万円が57600円になります。

といっても、入院日や手術をする日はあなたがコントロールすることはできないと思いますがね。

もし、手術や入院日をあなたの判断で決めらる場合には、月初めから入院して高額療養費を受けるのが一番いいですね。

さいごに

高額療養費を使うときには、あらかじめ事前に申請して限度額適用認定証をもらうようにしましょう。あなたのお金の負担を減らすことができますよ。

病院

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。