はちみつを固まらせずに保存し、結晶化しても効果的に回復させる方法

はちみつ

はちみつは、長期間保存しておくと固まりやすくて、いざ使おうと思うとうまく瓶から取り出せないものです。

そんなはちみつを固まらせずに保存する方法や固まってしまった場合の対策を紹介します。参考にしてください。

はちみつを効果的に保存するには常温保存が大切

はちみつは、14度以下になると白く固まって結晶化してしまいます。

つまり14度以下に冷やしすぎないことが大事です。

冷蔵庫や冷凍庫にはちみつを入れてしまうと14度以下で保存することになるので、すぐに白くなって固まってしまいます。

みんな、はちみつが腐らないようにと思って冷蔵庫や冷凍庫に入れると思うんですが、はちみつは基本的に腐らないので常温保存で大丈夫です。

はちみつを効果的に保存するには常温保存で結晶化させないことが大事

はちみつは、冷やし過ぎると白くなって結晶化を起こします。

結晶化とは、こんな状態です。

結晶化したはちみつ

長期間、はちみつを使わずにこんな状態になることはありませんか?

はちみつは、だいたい外気温が14度以下になると、結晶化を起こします。

本来はトロトロなはちみつが、こうやって白く硬くなった状態を結晶化の状態と言います。

はちみつが結晶化したときには湯煎で温めれば元に戻る

はちみつが白くなって結晶化してしまうと、「もうこれじゃ食べられないな」って思う人が多いんですが、そんなことはありません。慌てなくて大丈夫です。

はちみつの結晶化はカビなどと違って劣化ではないので、品質には問題ありません。はちみつが結晶化したら、湯煎で40度~60度のお湯で温めてください。そうすると、自然に元の状態に戻ります。

電子レンジではちみつを温めることはあまりおススメしません。

電子レンジではちみつを温めることはおススメしない理由があります。

なぜなら、はちみつは加熱しすぎると成分や味が変化することがあるからです。

なので電子レンジのように急激に加熱するのではなくて、湯煎でゆっくり温めてあげると味も損なわないので効果的です。

はちみつが結晶化する原因はブドウ糖にある

はちみつが白く結晶化してしまう原因は、はちみつに含まれる糖分にあります。

はちみつに含まれる成分は、果糖とブドウ糖が主なんですが、ブドウ糖は冷えると白く結晶化する性質があります。

まとめ

はちみつは開封後に1度で食べきることは、ほとんどないと思います。

保存方法によっては白く結晶化させてしまうことがありますが、問題ないし湯煎で温めてあげればトロトロのはちみつに回復しますので安心してください。

はちみつ

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。