お金を借りるとかかる”金利”と”利息”ってなんですか?

金利

銀行でお金を借りるときに、必ず出てくる言葉である金利と利息。

金利や利息という言葉がどういう意味のものなのか、知らない方は実は結構多いのではないかと思います。

その理由は、学校でお金の勉強は受けてこないからです。私もその1人で家族を持って勉強するまでは金利や利息の意味が分かりませんでした。

私はお金の勉強をしてこなかったら全然分からなかった

金利という言葉は銀行でお金を借りるときに必ず出てきますよね。

私は結婚をしてからお金の勉強を少しずつするようになりましたが、それまではお金の知識というのはほぼ0でした。

なので、もちろん金利なんて言葉は最近まで分かりませんでしたし、自分から勉強をしなければずっと分からないままだったでしょう。
これから車を買ったり家を買ったりする予定がある方は、銀行からお金を借りるときには必ず出てくる言葉なので覚えておくといいと思います。

金利は、”お金を貸してもらうレンタル料”と考えると分かりやすいと思う

難しい話をしても理解できなければ意味がありませんよね。

あなたも分かりやすいように金利を分かりやすく例えるなら「お金を貸してもらうレンタル料」のようなものだと私は考えています。

例えば、銀行から100万円を借りたとします。
銀行も無料でお金を貸してくれるわけはありませんから、「100万円貸してあげる代わりに、借りている間はレンタル料を払ってね」というわけです。

金利は銀行によって違います。3%のところもあれば5%のところもあり、実に様々です。

もし3%の金利であれば5%の金利よりは少ないので、お金を借りるレンタル料金は安くなります。

金利は計算式にあてはめれば”レンタル料はいくらなのか”簡単に算出できる

金利は以下の計算式で算出することができます。これはもう決まりなので覚えるしかないです。でも原理が分かっていればそう難しくないと思います。

   元金(円)×金利(%)×借りていた日数(日)/365(日)=利息額(円)

例えば、100万円を3%の金利で30日借りていたらいくらになるかこの計算式を使って考えてみます。数字を当てはめるだけでできるので一緒にやってみましょう。

    元金(100万円)×金利(3%)×借りていた日数(30日)/365(日)=2465円

つまり100万円を金利3%で30日借りていたら2465円かかるということです。

お金をどのくらいの率でどれだけの期間借りたかによって金利(レンタル料金)は変わってきます。

金利と利息の違いは何?

金利という言葉がよくわかったところで、今度出てくるのが利息です。ややこしいなと思うかもしれませんが、整理して覚えると簡単ですよ。

利息というのは元金とは別に実際に支払う金額のことです。

さきほどの例を出すと、100万円借りた利息は2465円になります。2465円はレンタル料金なのでこのお金を返しても元金の100万円の返済は減りません。

つまり、この利息である2465円とは別に100万円を返済しないといけないということです。

さいごに

車を買うときや家を買うときなんかに、あなたも銀行からお金を借りることがあると思います。

そうなったときに、金利の計算は家計の見通しや将来設計をする上でとても大事なものですので覚えておきましょう。

金利