学割を使えばJRの電車代が2割引きに!学生の特権をうまく使おう!

学生

JRの新幹線などの電車に乗るときに学生さんは学割を使うことができます。

自宅から遠く離れた学校に新幹線を使って通学している方なんかは学割を使っている方も多いのではないでしょうか。

学割を使うと運賃が2割引きになるので使わない手はないです。今回はそんなJRの学割について紹介します。

JRの学割を使えば運賃が2割引きになる

JRの電車に乗るときに学生さんであれば運賃が2割引になります。

例えば、電車の運賃が5000円だった場合、学割を使うことで4000円になる計算になります。でも、これには条件があって学生であることと、1回の移動距離が100km以上あることです。

なので、近距離の移動では学割は使えないんですよね。

私が学生時代、県外から通っている友人がいましたけど、学割を使って新幹線で通学していましたね。

JRの往復割引と学割は併用ができる

JR新幹線では往復割引という割引制度があります。

この往復割引は、「新幹線で601km以上の移動で運賃が1割引きになる」というものです。例えば、東京から広島に新幹線で移動する場合は移動距離が601km以上あるので往復割引が適用されます。

JRの往復割引については以下のページで解説しているのでよければ読んでみてください。
参考 新幹線は往復割引を使えば10%も安く切符が買える!実家帰省や長距離の出張は普通切符を買う前に考えてみよう

この往復割引と学割を併用すれば約3割の割引を受けることができますよ。

学割を受けられる”学生”とは?

学割を受けられる”学生”っていうのは、中学生、高校生、大学生、専門学校に通う学生の方が対象です。

これを見て何か不思議に感じませんか?「小学生は学割ないのかな?」って私は思いました。

実は、小学生は学割を受けられないんです。小学生は子どもの運賃で電車に乗れるんですよ。

小学生は子ども運賃(大人の半額)で電車に乗れる

小学生である12歳までは、JRの電車に大人料金の半額で乗ることができます。

中学生以上の方が受けられる学割は2割引きなので、割引率が小学生の方が大きいんですよね。

学割を受けるには【学割証】をJRに提出しないといけない

学割を受けたいときにJRの窓口で学生証を見せれば割引が受けられるかというとそうではありません。

事前に学校に申し出て【学割証】を作ってもらわないといけないんです。なかなか面倒ですよね。学割証はこういうものです。

学割証wikipediaより引用

学校の事務の方に「学割証が欲しい」という旨を伝えると学割証を作ってくれますよ。

学校が発行する学割証とあなたの学生証をJRの窓口に見せれば学割を使って電車の切符を買うことができます。

さいごに

学生の方はJRの電車や新幹線を利用するときに学割が使えるのか意識しておくといいです。

100kmを超える移動でないと学割は使えないので家族で親の実家に帰省したり、友達同士で旅行するときなんかには使えそうですね。

学生

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。