私の家で実践している節約のための食費の設定の仕方と具体的な運用方法

食費

あなたは月々の食費はどのように使っていますか?

「食費は月に○○円まで」というように決めて計画的に使っていますか?

今回は私の家庭でもやっている食費を抑えるための食費の管理方法を紹介します。これは決して正解ではなく、あくまで私の家でやっていることなので参考にできるところは参考にしてください。

まず食費をいくらに設定すればいいのか?

世間一般的なルールとして、食費は毎月あなたに入る収入の15%くらいに設定するのが望ましいと言われています。

例えば、1月の収入が20万円の方であれば15%の3万円が食費になるという計算です。

でもこれはあくまでも一般論であり、単純に「収入の15%が食費」と決めることは危ないと私は思っています。

だってそうじゃないですか。これは単純に収入に対しての割合しか見ておらず、その方が何人家族なのかや何歳の家族がいるのかによっても消費する食材や食品は当然違ってきますよね。

だから私は「収入の15%を食費に設定しましょう」とは考えません。

じゃあ、いくらくらいのお金を食費に充てればいいのかということですが、私の家は妻と私と1歳になる娘といますが3万円で食費は設定しています。

この3万円は収入に対して15%には当てはまっていません。

具体的な私の収入はここでは明記をしませんが、いろいろな金額で食費の設定をして毎月やってみてきた結果この3万円という金額で食費を設定するようになりました。

大事なことは1日いくらの食費で生活できるかという具体的な金額に落としこむことです。

私の家では月々の食費を3万円に設定しているので1日の食費は約1000円です。

1日の食費をいくらに設定するか決まったらやること

私の家庭が1日1000円の食費で設定しているように、あなたも1日の食費をいくらにするか決まったら、次にその予算をさらに細分化していきます。

具体的には、お米やおかずになる野菜や肉などの生鮮食品を分けて考えていきます。

私の家では、1月に3万円の予算を3対1の割合に分けます。

どういうことかというと、3万円を3対1に分けると3は22500円、1は7500円になりますよね。

この22500円の方で毎日の生鮮食品を買って7500円の方でお米や調味料を買います。

別に3万円じゃなくても予算が5万円だったら3の方は37500円、1の方が12500円になるだけです。

私の家では毎日買い物には行きません。1週間に1回から2回くらいの頻度でしか買い物は行きません。

毎日の食事に使える22500円の予算を30日で割ると750円になります。

3日で1回の買い物であれば予算は2250円、5日に1回の買い物であれば予算は3750円になります。

この予算で野菜やお肉、お魚などの毎日食べる食材を買います。7500円の予算の方はお米や調味料を買うので私の家では月に1回のペースでこのお金を使います。

私の家では子供が生まれてから外食をしないのでこの計算で生活ができていますが、もしあなたの家庭で外食をする場合には外食費は別でお金を取っておく必要があります。

決して私の家でいう3万円の食費の中から外食代も出そうなんて考えないでくださいね。

予算が絶対守れなくなるのでせっかくの計画もきっとうまくいかなくなり継続しません。

決して予算の前借りはしないことを徹底する

こうやって1日いくらで食費をやりくりするのかを決めておくと、無駄遣いをしないような指標ができる反面、予算を超えて買い物をしたくなるときがあります。

でもそんなときにも予算を前倒しで使うことは絶対しません

なぜなら、せっかくの予算決めが守れなくなり、計画のモチベーションも落ちますし、「まあ、いいか」と考えるようになり継続しなくなります。

これは私も経験済みです。

だから1度計画したものはしっかり守る意志をもっておきましょう。

もし1度計画して実践してみても無理が生じたときには、予算の見直しをしてみましょう。

さいごに

毎月かかる食費の設定の仕方は、どの家庭でも頭を悩ませている問題だと思います。

あなたの家の食費の設定をいくらにするのかというのは、決して収入に対して15%を設定することが正しいことではないと私は思っています。

毎月の食費をいくらに設定すればいいのか全く見当がつかない方はこの収入の15%を指標に設定するのもいいと思いますがね。

食費