ポイントは酵素にあり!硬いお肉を簡単に柔らかくする5つの方法

柔らかい肉

硬いお肉をどうにか柔らかく美味しくできないものかと考えたことはないですか?

硬い お肉を簡単に柔らかくできる方法があります。今回は、お肉を簡単に柔らかくする方法を、原理などを交えて詳しく紹介します。参考にしてください。

硬いお肉を柔らかくする5つの方法

1. お肉を大根につける

お肉に大根をつけておくと固いお肉が柔らかくなります。
具体的には、お肉にすりおろした大根をお肉につけて30分以上置いておきます。

なぜお肉に大根をつけると固いお肉が柔らかくなるのかというと、大根に含まれる酵素がお肉を柔らかくしてくれます。
この大根に含まれる酵素はオキシターゼという酵素で、硬さの原因となっているタンパク質の結合をほどいてくれます。

2. お肉を塩麹につける

硬いお肉に塩麹をつけて30分程度置いておくとお肉が柔らかくなります。

この原理も塩麹に含まれる酵素の働きでお肉を柔らかくしてくれます。塩麹に含まれるプロテアーゼという酵素がタンパク質の強い結合をほどいて固いお肉を柔らかくしてくれます。

塩麹を使ってお肉を柔らかくする場合、あまり長い時間つけないことや柔らかくしてからはできるだけ早めに調理しましょう。
なぜなら、塩麹によってお肉の発酵が早く進んでしまうからです。目安としては2~3日以内には食べるようにしたいですね。

3. お肉を玉ねぎにつける

すりおろした玉ねぎをお肉をつけておくと、玉ねぎに含まれるプロテアーゼという酵素がお肉を柔らかくしてくれます。
塩麹と同じ酵素ですので、原理は同じですね。30分以上お肉に玉ねぎをつけておくと柔らかくなります。

塩麹には塩分が含まれるので、あまり塩分を好まない人は玉ねぎを選択するといいと思います。

4. お肉をヨーグルトにつける

硬いお肉をヨーグルトにつけると、固いお肉が柔らかくなります。

ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれており、これらがタンパク質を分解してくれます。
ヨーグルトをお肉につける場合は30分ほどで効果的に柔らかくなります。

5. お肉をコーラをつける

お肉にコーラを10分程つけるとお肉は柔らかくなります。

この原理はコーラに含まれるペプシンという酵素が硬いお肉の組織を分解して柔らかくしてくれます。
私、個人的にはコーラをおススメします。

その理由は、今すぐお肉を柔らかくしたいと思ったときに大根や玉ねぎ、ヨーグルトのように30分以上も待てないことが多いからです。
その点、コーラは10分ほどでお肉が柔らかくなるので料理をする人にとっては扱いやすいですよね。

コーラを使ったら、お肉がコーラの臭いがついたりコーラの味がしたりするんじゃないかと思うと思うんですが、実はそんなことないんですよね。
急いで硬いお肉を柔らかくしたい方にはコーラがおススメです。

まとめ

硬くて安いお肉でも、調理の仕方で柔らかくて美味しいお肉に生まれ変わります。
その原理は、お肉の中のたんぱく質をほどいて分解してくれる酵素の働きにあります。

プロテアーゼや乳酸菌、ビフィズス菌、オキシターゼなど、タンパク質を分解してくれる酵素であれば代用は効くのであなたの好みに合わせてお肉を柔らかくする食事を選んでみてください。

柔らかい肉

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。