300円の得!nanacoカードを無料で作る方法はコレ!

nanacoカード

nanacoカードを無料で作りたいと思ったことありませんか?

やり方次第でnanacoカードの発行を無料にする方法があります。その方法をこの記事で紹介するので、参考にしてください。

nanacoカードの発行手数料は300円かかる

nanacoカードを作るのにはお金が基本的に300円かかります。無料で作りたいと考えている人が多いと思うんですよね。

nanacoカードはどんなカードなのかおさらい

nanacoカードは、セブン&アイホールディンクスのグループで買い物をするとポイントが付与されるポイントカードです。現在進行中で、ポイント加盟店が増えています。

ちなみに現在、nanacoカードが使えるお店を載せておきますので参考にしてください。セブンイレブンやイトーヨーカドー、西武百貨店、SOGOなどでよく買い物をする方は持っておきたいカードです。

nanacoカード加盟店

クロネコヤマト運輸で使えるのを知っていましたか?
つい最近まで私は知りませんでした。あなたが知らないお店もきっとあるのではないでしょうか。

nanacoカードはイトーヨーカドーで無料で作れる

nanacoカードは、実はイトーヨーカドーで無料で作ることができるんです。
でも条件があって、いつでも作れるわけではありません。

毎月8が付く日は、nanacoカードは無料で発行できます。
なので毎月8日、18日、28日が対象です。

nanacoハッピーサービス

無料で作ったほうがいい理由

私は、実はnanacoカードを無料で作りませんでした。
なぜかといえば、無料で作れる方法があるなんて知らなかったからです。
無料でnanacoカードを発行することができる方法を知ったのであなたにシェアできていることがうれしいです。

話がそれましたが、無料で作ったほうがいい理由があります。
300円もかけちゃいけないって話です。

nanacoカードを使って300円取り戻すには苦労する

nanacoカードの仕組みを知っていますか?
nanacoカードは100円の買い物をすると1ポイント貯まります。

つまり、発行手数料の300円分を貯めるのには30000円分の買い物をしないと元が取れません。
時々、ポイント2倍のキャンペーンもやっているので30000円使わなくても300ポイントは貯まります。
また長期的に見れば30000円の買い物をするとは思いますが、無料で発行したほうがお得です。

まとめ

本来であれば300円の発行手数料がかかるnanacoカードを無料で作ることができる方法を紹介しました。
イトーヨーカドーで8が付く日にnanacoカードを発行して楽しくポイントを貯めてみましょう。

nanacoカード