nanacoはコンビニで自動車税金を払えるたった1つの電子マネー

nanaco

自動車税の支払いの時期になりましたね。先日、自動車税をコンビニで支払ってきました。

我が家でも家族2台の車の自動車税を支払わなければいけないのでヒーヒー言っています。

コンビニで自動車税を支払う方も多いと思いますが、電子マネーのnanacoを使って支払うことができます。

自動車税金を支払える唯一の電子マネーnanaco

今、コンビニで自動車税を支払うためには、現金かnanacoカードしかありません。

しかもコンビニの中でもnanacoカードはセブンイレブンでしか使うことができません。

その理由は、nanacoカードがセブン&ホールディングスが経営している電子マネーだからです。

セブン&ホールディングスはセブンイレブンを経営する会社です。

このnanacoカードを使えば、自動車税を安く支払うことができます。

nanacoを使って少しでも自動車税を安く支払う裏技

少しでも自動車税を安く済ませたいとは誰もが思うことだと思います。nanacoカードを使って、自動車税を安く支払う方法があります。

それはクレジットカードを使ってnanacoカードにお金をチャージする方法です。

クレジットカードからお金をnanacoカードにチャージするとポイントが付与されるカードがあります。

例えば、クレジットカードには還元率というものがあります。

還元率が高ければ高いほど、クレジットカードの利用時に使った金額に応じてポイントが高くつきます。

例えば、還元率が2%のクレジットカードで1万円分の買い物をした場合に200円分のポイントがつくので、実質9800円で買い物ができることになります。

還元率はクレジットカードによって様々で、一般的に還元率が高ければ年会費がかかるクレジットカードがほとんどです。

でもリクルートカード、レックスカード、楽天カードは還元率が高くて、年会費が無料なので私はおススメしています。実際に私もこの3枚のクレジットカードを持っていて使っています。 

参考:クレジットカードを使って節約するなら年会費と還元率で選べ!私がおススメする3つのクレジットカード

自動車税は金額が大きいからポイントがバカにならない

還元率が、たかが2%そこらじゃ、全然得した気分にならないと思う方もいるかもしれません。

でも自動車の税金って高ければ4万~5万円もすることもあります。

仮に還元率2%のクレジットカードを使って5万円の自動車税金を支払ったら5万円×2%=1000円のポイントが還付されます。

つまり5万円の自動車税金が1000円引きの49000円で賄えることになります。

この金額を小さくみるか、大きくみるかはあなた次第ですが、誰も1000円をタダでくれる人はいませんから、私は大きいと思っています。

まとめ

nanacoカードを使えば自動車税などの公共料金を支払うことができます。クレジットカードからnanacoカードにチャージすることでポイントの還元を受けられるので、現金支払いに比べてお得です。

年会費が無料で還元率が高いクレジットカードもあるのでnanacoで自動車税金を支払って得をしましょう。

nanaco