nanacoカードの残高不足分はチャージしなくても現金で支払いできる

nanaco現金支払

nanacoカードをよく利用する方も多いと思います。

nanacoカードで全て支払ができないときや、どうしても現金でも支払いたいときがあると思います。

nanacoと現金支払いは併用できるので、詳しく紹介します。

nanacoカードの残高が少なければ現金支払いも併用しよう

nanacoカードの残高が少ない場合、不足分は現金で支払うことができます。

例えば、買い物金額が1200円だったときにnanacoには500円しかなかったとします。
残りの700円は現金で支払うことができます。

もちろん1回nanacoにお金をチャージをすれば、現金支払いではなく、全てnanacoで支払うこともできます。

でもnanacoにチャージしたい金額は1000円からなので1000円札を持っていない場合や、チャージしたくない気分のときもあると思います。

あなたが全てnanacoで支払いたければ、チャージをしてから支払いをすればいいし、現金と併用したければnanacoで精算できなかった分は現金で支払うことができます。

私の場合は、nanacoの残額分で支払いができない場合は、一度nanacoにお金をチャージしてから支払うようにしてます。

その理由は、nanacoは100円の支払い分で1ポイント分貰えるからです。
セブンイレブンでよく買い物をする方はnanacoポイントもよく貯まると思うので私は残高が不足したらできるだけ現金支払いではなくて1回nanacoに現金をチャージしてから支払いをするようにしています。

特に自動車税とか大きな金額を支払うときには必ず現金支払いではなくて、nanacoに現金をチャージしてからnanacoで支払うようにしています。

参考:nanacoはコンビニで自動車税金を払えるたった1つの電子マネー

nanacoカードの残額からあなたの好きな金額を支払うことはできない

nanacoカードの残高の不足分は、現金で支払うことができるのですが、nanacoカードの残額の好きな分だけを支払いに充てて残りを現金で支払うことはできないので注意が必要です。

例えば、さきほどと同じように1200円の買い物をしたときにnanacoカードの残額は500円だったとします。

この時に、nanacoカードに入ってる500円から200円分だけ支払いに充てて、残りの1000円だけ現金で支払うことはできないってことです。

nanacoカードと現金支払いが併用ができるのは、悪魔でnanacoカードの残高を全て使い切ってしまって、それでも足りない分は現金で支払うことができます。

レジで「不足分は現金で支払います」と言わないと現金チャージされてしまうことがあるので注意

nanacoカードと現金を併用して支払うときには、「不足分は現金で支払います」と店員さんに伝えましょう。

なぜかと言うと、レジでnanacoカードと現金を渡したら、セブンイレブンのレジの店員さんは、nanacoに現金チャージして支払うと捉えられるからです。

基本的に店員さんは、「nanacoにチャージしますか?」と聞いてくれるはずなんですが、店舗によって聞かれないこともあるので注意が必要です。

なので、支払いでnanacoの不足分を現金で支払いたければ「不足分は現金で支払ます」と店員に伝えるのが大事です。

まとめ

nanacoカードの残高が減ってきて、残りは現金で支払いたいときは、レジで店員さんに「不足分は現金で支払います」と伝えましょう。

nanacoカードは1000円単位でのチャージなので、1000円札を持っていないときなどは、残額は現金支払いで行うといいですよ。

nanaco現金支払

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。