国民年金は口座振替が1番得!前払いするほど割引が効いて節約になる

国民年金

国民年金を払っている方はどのように国民年金を支払っていますか?口座振替で支払っている方もいれば、毎月現金で支払っている方も要れば多いと思います。

国民年金の支払い方法には口座払いと現金払い、クレジットカード払いがありますが、口座振替が一番お得です。

口座振替で1年分などの国民年金を前払いすると割引が効いて年金保険料の支払額が安くなります。

国民年金を前払いにすることで大きな割引を受けることができる

どのくらいの期間を口座振替で前払いするかによって割引率が違うので分かりやすいように下に画像を載せておきます。

国民年金前払いの割引

前払いできる期間には以下の種類があります。

    • 2年
    • 1年
    • 6ヶ月
    • 当月末振替(本来よりも1ヶ月早く支払う方法)
    • 翌月末振替(通常の支払い方法)

上に載せた表を見てもらうと分かると思いますが6ヶ月よりも1年、1年よりも2年というように前払いする期間が長ければ長いほど割引率が高くなります。

2年分の国民年金保険料を前払いすれば1回の支払い額が366840円と高額ですが15360円も節約することができます。(※平成27年度の振替方法割引額の場合です)

やることは簡単!口座振替依頼書を記入して年金機構に提出するだけ

国民年金保険料を前払いするには「国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書」を記入してあなたの家の近くの年金事務所に提出するか、口座振替をする銀行に提出すれば大丈夫です。

書類を提出してから口座振替が完了するまでにだいたい2ヶ月くらいかかるので早めの手続きを心がけたほうがいいです。

口座振替で前払いするなら2月末までに口座振替の手続きが必要

国民年金の前払いができる銀行口座はあなたが持っている銀行口座を使えば大丈夫です。

注意したいのが、国民年金保険料の前払いの振替日が毎年4月の末なので国民年金保険料を引き落とす銀行口座の登録を2月末までに終えないといけません。

2月末までに口座登録の手続きが完了しないと国民年金保険料の前払いができず割引が受けられないので12月くらいには書類を提出して2月末までに完了できるようにしましょう。

さいごに

国民年金保険料は前払いすればするほど割引がきいて節約になります。NHKの放送受信料の支払いと同じですね。

前払いにすると1度に支払う金額が大きくなりやすいのでデメリットに感じやすいですが支払い忘れを防止したり割引を受けられる点を考えると積極的に活用したいですね。 

国民年金

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。