簡単にガソリン代を節約できるただ4つの方法

ガソリン代を節約

最近は近年稀に見るガソリン代の低下で、車を所有している方にとってはうれしい時期ですね。

しかし、ガソリン代が安い時期は続きません。

ガソリンの料金は常に変動しており、ガソリン代を抑えたければ対策は必要になります。

この記事ではガソリン代を少しでも節約したい方にむけて、簡単にできて実用的なガソリン代節約方法を解説します。

1. エンジンオイルは常に綺麗な状態にしておく

エンジンオイルなんて全然メンテナンスしてないという方も多いのではないでしょうか。

エンジンオイルは、いわゆる車の心臓と言われている部分。
エンジンオイルが汚くなったり、十分な量がないと、車が円滑に動きません。

車を買ってからエンジンオイルなんて気にしていないよって方は、定期的に状態をチェックしてあげましょう。

目安としては5000kmに1回はエンジンオイルを変えてあげたほうが車にとってはいいです。

2. 空気圧をチェックする

あなたの車の空気圧は適正ですか?

車の空気圧が少なくなったり、多すぎたりすると燃費の低下を引き起こします。

 

「空気圧が30%定価すると、燃費は8.5%も悪くなる」というデータもあります。

空気圧を適正な値よりも高めにすればもっと燃費が良くなるのではないか?
という風に考える方も多いですが、実際にはそんなに変わりません。

逆に、空気圧を高くしすぎることでタイヤが路面に対してしっかり摩擦しにくくなったりします。

よって、空気圧を少し多めに入れるときには、+10%程度にとどめるといいです。

3. 走行中に無駄なエアコンの使用は控える

エアコンが燃費に影響を与えることは、あなたも知っていると思います。

では、なぜエアコンが燃費を下げる原因になっているのか知っていますか?

 

エアコンは、実はエンジンを回して動かしているんですね。

エアコンを回すためのコンプレッサは1回に2000kwも消費をします。
車を40km/hで走行させるためにエンジンが使う動力は約4000kmなので、
この数字がどれだけ大きいのか分かると思います。

 

つまり、車の燃費を抑えるためには適正な温度で使用することを心がけるといいですね。

冬に車の暖房を使わないというわけにはいかないと思いますし、温めすぎたり冷やしすぎたりすることが、
燃費低下を引き起こすことを覚えておきましょう。

4. ガソリンを給油するときには満タンにしない

車の重量が増えれば、当然、動かすのに力が必要になります。

せっかくガソリンを入れても満タンになることで車体自体が重くなり、
燃費の低下を引き起こします。

車の燃費を考えるのなら、常に満タンにはせず半分から3/4程度にしておくといいでしょう。

 参考:楽天カードを使えばエネオスでガソリン給油時に常にリッター2円引き以上

まとめ

いかがでしたか?

ガソリン代を節約するために、今日からできることばかりだと思います。

少しでもガソリン代を節約するために参考にしていただけたら幸いです。

ガソリン代を節約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。