ネット通販で服のサイズを失敗せずに自分にあった洋服を買う方法

洋服

今では洋服をインターネット通販で買う人も多いと思います。なんといってもインターネット通販だと洋服がとても安く買えますからね。

でも実際にお店で洋服を買うのとは違って、ネット通販で洋服を買うと実際に試着ができない分買ってみてから小さくて着れなかったなんてこともあると思います。

ネット通販で洋服のサイズを失敗せずに買う方法を紹介します。サイズをしっかり見極めることができれば洋服代もしっかり節約できます。

まず自分の身体のサイズ感を知っておく

私もそうなんですけど、あなたは自分の身体のサイズって把握していますか?

「胸囲が何cmで、肩幅が何cmで、、、」というようにだいたいでもいいので把握しておくことって大事です。私はネット通販で洋服を買うまではこれをやっていませんでした。

だから洋服を買っても「あぁ~、大きくてイメージと違うなぁ」っていうことがありました。

色々なネット通販のお店で洋服を買う場合は、こうやって自分の身体のサイズを知っておくとネット通販でも失敗しません。

なぜならネット通販で洋服を買う場合は実際に目でみて触ってというように試着ができないし、お店やブランドによって同じSやMサイズでも寸法が違うからです。

あなたの身体のサイズを知っておくことができれば、ネット通販で洋服ごとのサイズ表記を見ることであなたの身体にあった洋服を見つけることができます。

最低限、あなたの身体の以下のサイズは図っておくといいですね。

  • 肩幅
  • 着丈
  • 胴回り
  • 袖丈

ネット通販の洋服はSML表記ではなく何cmなのかに注目する

いつも洋服を買うときにはサイズと言われるとS、M、Lといったおおまかなサイズしか見ないことが多いですけど、実際このS、M、Lサイズ表記っていうのはブランドごとに大きさが違うことが多いです。

例えば、海外ブランドのSサイズは日本ブランドのSサイズよりも小さいことが多いので「私はSサイズだからSサイズの洋服でいいよ」っていう風に買ってしまうと小さくて着ることができないなんてことはよくあります。

これは海外の洋服だけに言えることではなくて、国産の洋服でもサイズっていうのはその会社で決めていることなので、必ずS、M、Lサイズで見るのではなくて胸囲や肩幅などが何cmなのかというところを見ることが大事です。

実際にどうやって見ればいいのか通販サイトを例に見てみましょう

今回は分かりやすいようにZOZOTOWNの洋服を見てみましょう。

2016-03-14_112342

ZOZOTOWNの洋服を調べてみると、こんな洋服がありました。

2016-03-14_110332

このカーディガンですが、写真の一番下を見てください。

「175cmMサイズ着用」って書いてあります。「175cmの男性のモデルの方がMサイズを着るとこんな感じのイメージになるよ」ってことなんですが、大事なことはMサイズに惑わされないことです。

いつもあなたが買う洋服はMサイズだったとしても、必ず以下の寸法を確認するようにしましょう。

2016-03-14_112750

このカーディガンのサイズ表記です。このサイズ表記の一番下の文言を見てください。

「ZOZOTOWNでは独自の基準で振り分けたサイズです」って書いてありますね。

つまり、「他のブランドのS、M、Lサイズとは違う基準でZOZOTOWN独自の採寸で作ってあります」ってことなのでしっかり着丈や肩幅、身幅、袖丈を見て買うことが大事なんですね。

先ほども言ったように、あなたの身体のサイズを知っておけば、実際に洋服を見て触れなくれもこの洋服のサイズ表記を見ることで大きいのか小さいのかちょうどいいサイズなのかという判断ができます。

服の種類によってどのくらいのサイズが自分のスタイルに合うのか把握しておく

服には色々な種類があります。Tシャツだったりジャケットだったりジャンパーだったり色々ありますよね。

洋服をどうやって着るのが好きなのか人によって違いますので、あなたが「Tシャツを買うときには着丈がどのくらいものが一番いいのか」だったり、「ジャケットだったら着丈がこのくらいの長さがいい」というように、服の種類によってあなただったらこのサイズという数字を把握しておくとネット通販でも活用できます。

私の場合は結構タイトめに服を着るのが好きなので、「Tシャツなら骨盤より上で着たいから何cm」、「ジャケットなら骨盤の骨よりも少し下で着たいから何cm」というような基準を持っています。

さいごに

ネット通販のメリットは安く洋服を買えることです。

でも実際のお店とは違って実際の洋服を自分の目で見たり触ったりすることができない以上サイズをしっかり見ることは失敗しないためにとても大切なことです。

今回紹介したようにS、M、Lサイズの表記を見るのではなくてしっかり「袖丈や着丈が何cmなのか」というところを見るようにするといいですよ。

洋服