郵便局で5円の手数料を払えば書き損じた年賀はがきを交換してくれる

年賀はがき

年賀はがきを大量に購入したけど、余ってしまったり、書き損じてしまって使えなくなったりと年賀はがきが手元に残ってしまうことありますよね。

そんな年賀はがきを「どうせ使えないから」と、捨ててしまったりしていませんか?

書き損じたり余った年賀はがきを5円の手数料を支払うことで新しい年賀はがきや切手に交換してくれます。

書き損じた年賀はがきは1枚5円ではがきや切手に交換してくれる

書き損じた年賀はがきは、「失敗したから、また新しい年賀はがきを買いにいかなきゃ」と思うことはよくあることです。

実は書き損じた年賀はがきや余った年賀はがきは、1枚5円の手数料を支払うことで郵便局で交換をしてくれます。

1度年賀はがきを書き損じてしまうと、新しい年賀はがきを買わなきゃいけないという発想になりがちですが、郵便局に行けば5円で交換ができるのでとてもお得です。

また、1枚5円の手数料を支払うことで切手に交換することもできます。

書き損じたり余った年賀はがきを郵便局に持っていくと、5円の手数料を差し引いた1枚45円分の切手に交換できます。

もちろん、その場で手数料の5円を支払って年賀はがきに交換することもできます。

古い年賀はがきは交換してもらえないので注意

書き損じた年賀はがきは交換してくれるのなら、去年までの年賀はがきも交換してもらおうと思うかもしれませんが、それはできません。

交換してもらえる年賀はがきは、今年のものに限ります。

例えば、寅年の年賀はがきを出そうと思って書き損じ、交換してもらおうとしたら、昨年の鼠年の年賀はがきを寅年の年賀はがきに交換してもらうことはできないということ。

現金に換えたい方は金券ショップやヤフオクで売りに出してみるのも手段の1つ

余った年賀はがきや書き損じた年賀はがきを、はがきに交換するんじゃなくて、現金に交換できないかっていう方もいると思います。

新品の年賀はがきであれば金券ショップで80%くらいの価格で買い取ってくれるようなので足を運んでみるのもいいかもしれません。

また、ヤフオクで出品して安く手に入れたい人に譲るのも手段の1つだと思います。

実際にヤフオクを見てみると、年賀はがきが結構出品されていて入札もされています。

まとめ

書き損じたり余ってしまった年賀はがきは、捨てたり新しい年賀はがきを購入するよりも手数料を支払って郵便局で交換してもらったほうがお得です。

年賀はがき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です