毎月3万円の小遣いも計画的に管理して使えば十分1月暮らしていける

小遣い

私は結婚してから小遣い制になりました。

私のように小遣い制の家庭はきっと多いと思います。3万円の小遣いを多いと思うか少ないと思うかは考え方次第だと思いますが、計画的に管理できれば有意義に使うことができます。

無駄遣いも考えたとやり方次第で減らせますよ。

小遣いを貰ったらイベントに合わせて小遣いを分別する

私の妻は前月の月末に小遣いの3万円を私にくれます。

私はその時点で次の月に入っている予定を確認してどのようにお金を使おうかシミュレーションします。

例えば、次月に飲み会の予定があれば、その会費は使わないようによけてとっておかなければいけませんよね。

飲み会の会費が5000円だったら5000円をよけておいて残りの25000円をどのように使うのか考えます。

当たり前のように聞こえるかもしれませんけど、これが案外できていない人が多いんです。

私の周りには小遣いをもらったらパチンコや競馬に行って月頭には小遣いを使い果たしてしまう人がいます。

こんなことをしていてはお金はいくらあっても足りません。私は小遣いの管理や節約で大事なことは準備だと思います。

「今月はお金を使うイベントがいくつあるのか?」「いくら必要なのか?」を分かる範囲で把握しお金を使う準備をする。これが大事なんです。

なかなか貯金ができないという方に限って給料が入ったら計画的にお金を小分けすることをしません。「あればあっただけお金を銀行から引き出して使ってしまう」と悩んでいる方は多いです。

貯金がなかなかできないのなら銀行口座を2つ作るのもいい方法です。詳しいことは以下のページに書きましたので、もしよければ参考にしてください。

参考 浪費を防止!絶対貯金するために銀行口座は2つに分けると便利な理由

自分で小遣いを管理ができないのなら小分けにして貰うのも選択肢の1つ

私のように、小遣いをもらったらすぐにその月のイベントを確認して小遣いの使い方をシュミレーションすると小遣いを計画的に使えます。

それができないのならあなたの奥さんなど、お金を管理している人から小遣いを小分けにして貰うようにすると管理しやすいです。

例えば、私のように毎月3万円の小遣いをもらっているのであれば週に1回7500円ずつに分けてもらうということです。

こうすると、週に7500円以上はどう頑張っても使うことができないので無駄遣いが減ります。

おそらく月に3万円の小遣いを1回で貰っている方が、急に小遣いを小分けにしてもらうようになると、小遣いが少なく感じるかもしれません。

でも小遣いを小分けにするやり方で、小遣い管理ができて無駄遣いが減ったという方は多いです。

ポイントカードを最大限に使う

私は買い物をする時に、必ずと言っていいほどポイントカードや電子マネーを使います。

なぜなら、買い物に対してポイントを貯めることで次回以降の買い物が貯めたポイントを使ってできるからです。

例えば、セブンイレブンで買い物をするときにはnanacoカードイオンで買い物をするときにはwaon、ファミリーマートで買い物をするときにはTカードといったようにその店で使える電子マネーやポイントカードを使います。

100円~200円につき1ポイントが貯まるので、少ないポイントですが塵も積もれば山となります。

小遣いしか収入源がない私にとっては、買い物で貯めたポイントは少なくても大きな収入源になります。

資産管理ツールを使うのもいい方法

私はマネーフォワードという資産管理ツールを使って小遣いを管理しています。

マネーフォワードを使うと、今手元にいくらあるのか、自分の銀行口座にはあといくらあるのかということがよくわかります。

スマホやパソコンで簡単に資産管理ができるので使ってみるといいと思います。

さいごに

私は毎月の小遣いを3万円で生活しています。小遣いの内訳は人それぞれだと思いますが、しっかりとした準備ができればきっとやりくりができます。

準備をしないで使っているのは、それは浪費になりえるので少し考え方をかえて計画的に使うようにしましょう。

小遣い