東京電力がponta(ポンタ)カードと連携して事実上の値引きをすることのメリット

ポンタカード

東京電力がポイントカードのpontaと提携したようですね。

2016年4月から、私たちは電気会社を自由に選択できるようになります。そうなることを見越して東京電力は、お客さんを逃がさないように必死になっているんだなと感じます。

東京電力が発表したpontaカードとの提携によって私たちの生活がどのようになるのか、どのように便利になるのか少し考えてみました。

pontaカードを使うことで電気代が実質値引きになる

東京電力が管轄している地域は1都7県です。

この1都7県は、群馬県、茨城県、栃木県、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、静岡県です。

今までは、この1都7県に住む方は、必然的に東京電力を選ぶしかありませんでしたが2016年4月からはあなたの意思で電気会社を選ぶことができます。

つまりたくさんの電気会社からあなたの好きな電力会社を選んで家庭に電気を供給してくれるようになるんです。

すでに電気事業の市場規模は7.5兆円にまで膨れていて、参入する電気会社も通信業やガス会社、サービス業など電気とは今まであまり関連のなかった会社の参入も多くて約450会社にまでなっているといいます。

これらの電気会社がお客さんを獲得するために価格競争をするようになるため、東京電力がまず仕掛けたのがpontaカードとの提携だったというわけです。

pontaカードと連携することで電気代の利用料金が100円につき1ポイントが貯まるようになると思います。

そのポイントを次月移行の電気代の支払いに使えるわけですから、実質の値引きになるわけです。

電気代の支払いでpontaカードを使うとどのくらいのポイントが貯まるのか?

pontaカードの貯まり具合は、もちろん利用金額によって異なります。

まず、世帯によってどのくらいの電気代が支払われているのか見てみます。

総務省によると世帯によってもちろん毎月の電気代は違いますが、1世帯あたりの平均の電気代はだいたい10000円くらいだと言われています。

総務省による1世帯あたりの電気代

つまり、pontaカードを使えば、10000円で100円のポイントがつくので年間で12万円。

12万円の支払いで1200円の値引きになります。

これだけ聞くと、個人的にはあまり安くならないなと思ってしまいます。

東京電力以外の会社が、このpontaカードよりも魅力的な価格やサービスを打ち出して来たら東京電力も他のサービスや価格を下げるなどの対応をするかもしれませんね。

貯まったポイントは電気代の値引きにも使える他、商品とも交換できる

電気代の支払いでpontaカードにポイントが貯まっていきます。

その貯まったポイントは、次月移行の電気代の支払いにも使えますが、ローソンで色んな商品と交換することもできます。

飲料水や食べ物など、いろいろあるので電気代の支払いに使うのもいいですが、商品に交換してもらうのも選択肢の1つだと思います。

参考:pontaポイントと交換できるお試し引換券を確認する3つの方法

まとめ

東京電力が2016年4月から始まる電力自由化に向けて、pontaカードとの連携という対策を打ってきました。

pontaカードを使えば、貯まったポイントを電気代の支払いにも使えますが、ローソンで色んな商品と交換することもできます。

ポンタカード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。