学資保険の掛け金は毎月1万円が平均的/将来の教育費は大丈夫か

2016-06-02_233021

お子さんがいる家庭の方は、将来お子さんの教育資金で困らないように今から計画を立てている方も多いと思います。

教育資金の1つに学資保険があります。学資保険であなたは毎月いくらお子さんにかけていますか?

学資保険の保険料は毎月1万円が平均的

子どもを持っている私の友人の多くは、子供の学資保険の毎月の掛け金は1万円前後の家庭が多いです。

私の周りだけではなくて、世間のお子さんをお持ちの御家庭では学資保険にどのくらいかけているかと言えば、多少の差はあるものの9000円~1万円の中に収まるというデータもあります。

そもそも大事なのは1万円の学資保険の保険料で将来の学費や教育費を賄えるのかどうかということですね。

毎月1万円の保険料で将来の教育資金を賄えるのか

まず大事なことは、将来あなたのお子さんがどういうプランで成人を迎えるのかどうかを考えなければいけませんね。

具体的には、お子さんが中学までの義務教育を終えて高校に行くのかどうかから始まり、高校に行くのなら私立なのか公立なのか、大学に進学するのなら公立なのか私立なのかによっても教育費は大きく違ってきます。

ちなみに大学4年間でどのくらいのお金がかかるか知っていますか?実は私立と国公立では大きく違っています。

例えば、ある国公立大学の場合4年間で240万円ほどかかるのに対して、ある私立大学では4年間で400万円ほどかかります。

国公立の大学の資金は私立の半分とまでは言わないものの、大きな金額がかかります。

もし仮に0歳から毎月1万円を18歳まで積み立てた場合12ヶ月×18年で216万円です。

216万円を貯めれば、なんとか国公立大学の授業料は賄えますが、私立大学に入ったらとても足りませんね。

学資保険で積み立てたお金は約1.1倍になって帰ってくる

なぜみんなが自分で1万円をコツコツ積み立てずに「学資保険」に加入するかと言えば、お金が増えて返ってくるからですね。

ではどのくらい将来的に返ってくるのかいうと積み立てたお金×1.1倍のお金が平均的に返ってきます。

例えば1万円を0歳から18歳まで毎月積み立てたとしたら12ヶ月×18年で216万円を積み立てたことになります。

返ってくるお金は216万円×1.1倍ですから237万円になります。

237万円あれば国公立の授業料だけでも賄うことができますから毎月1万円の積み立てでなんとか賄えそうですね。

これに下宿などをしてると生活費などもかかってきますから簡単には計算できませんがね。

大事なことは今の生活を整えた上で保険料を考えること

毎月1万円の学資保険の積み立てで将来の教育費は大丈夫かどうかを考えてきましたけど、大事なことは、まずは今の生活が成り立たなくなっては意味がありません。

なので、1万円なら18年間支払えると思えば、国公立大学の学費は支払える金額が貯まりますから学資保険はとてもいい教育費のための商品になるので加入するといいと思います。

さいごに

学資保険にかけるお金は、あなたの家計が約18年の間継続的に支出できる金額に設定することがとても大切です。

「学資保険が支払えないから、他の保険を解約した」と言う方も少なくありません。

そうなった場合、何のための保険か分からなくなりますから、将来をしっかり見据えて計画しましょう。

2016-06-02_233021

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。