郵便局で段ボールは売っているけど自分で用意した方が100円以上得

段ボール

郵便局を使って荷物を送るときに段ボールは自分で用意する必要があります。

郵便局にももちろん段ボールを用意してあって、販売もしていますけど私は自分で用意した方が得だと思います。

段ボールを自分で用意するだけで最低100円以上も得をすることになります。

郵便局で売っている荷物を梱包するための段ボール

私は荷物を送るための段ボールを郵便局では購入しませんが、郵便局には、郵送する段ボールを梱包するために段ボールを販売しています。

サイズによって価格は様々ですが、一番小さいもので100円します。私は段ボールは無料で貰うものだと考えてるのでどうしてもこの100円が高いなと感じてしまいます。

郵便局で扱っている段ボールのサイズと価格をまとめてみました。

名前 料金
ゆうパック 箱 小

100円

ゆうパック 箱 中 140円
ゆうパック 箱 大 210円
ゆうパック 箱 特大 370円
ゆうパック 袋 小 100円
ゆうパック 袋 大 230円

ちなみに一番大きい段ボール特大は、こんな感じです。

ゆうパック段ボール特大

新聞紙を4つ折りにした高さよりも少し高いくらいの段ボールの高さがあります。

このゆうパック段ボール特大の大きさで370円します。

私は段ボールをマックスバリューで無料で貰ってくる

ゆうパックで荷物を送ろうと思うと、私は近くにあるスーパーのマックスバリューで段ボールを貰ってきます。

マックスバリューはイオン系列のスーパーなのですが、買い物袋が有料の代わりに段ボールは無料でくれます。

この段ボールは、マックスバリューは野菜などを仕入れたときに使ったもので不要になったものですね。

送りたい荷物の大きさや、ゆうパックで送るときの料金も考えながら適切な段ボールを貰ってきます。

梱包のための段ボールはスーパーで貰えば無料だから100円以上得をする

私のようにスーパーで段ボールをもらってくれば郵便局でわざわざ段ボールを購入する必要はありません。

先ほども説明したように郵便局で段ボールを購入しようと思えば、小さいもので100円、特大サイズで370円もしますからね。

送料の一部が段ボール代で賄えてしまいます。

まとめ

段ボールは、郵便局でも購入することができます。でも段ボール代だけでも100円以上して高いので、自分でスーパーなどで無料で貰ってきたほうがお得です。

段ボール