あなたの家のプロパンガスが都市ガスよりも圧倒的に高い理由

ガス

家庭で使用するガスにはプロパンガスと都市ガスがあります。同じガスでもプロパンガスと都市ガスの価格が全然違うことを知っていますか?

今回はプロパンガスの料金が都市ガスの料金よりも高い理由と、ガス料金を節約する方法を紹介します。

プロパンガスよりも圧倒的に都市ガスが安い

おそらく何も知らない方は都市ガスもプロパンガスも同じだろうという方が多いはず。事実、私の友人もアパートの引っ越しの際に都市ガスを知ってその正体に驚いたと言っていました。

結論から言えば、プロパンガスは都市ガスよりも割高です。どのくらい高いのか説明しましょう。

埼玉県で1ヶ月で20㎥のガスを使う場合にこのくらい価格差があります。

都市ガス プロパンガス
従量料金 6280円 10260円
基本料金 950円 1595円
合計 7230円 11855円

 

20㎥はどのくらいのガスの量かといえば、毎日お風呂を湯船で沸かしてやっと20㎥にいくかいかないかのガスの使用量だと思ってもらえばいいと思います。

同じガス料金でも基本料金から約600円以上も違います。従量料金とは、使った金額のことですが約4000円も違いますね。なぜこうも都市ガスとプロパンガスでは料金が違ってくるのか説明します。

なぜこうも都市ガスはプロパンガスよりも安いのか?

都市ガスはプロパンガスよりも割安だと説明しました。

この理由は、プロパンガスが自由料金体系だからです。簡単に言えば、プロパンガスは価格に法的な規制がないためプロパンガス会社が自由に料金を決めることができます。

反対に都市ガスは、公共料金として位置づけられているので価格を上げるには国に申請をして許可を得る必要があります。都市ガスに比べてプロパンガスはどれだけ金額を高くしても誰からも文句を言われないんです。

プロパンガスを使う私たちも、「ガスなんてみんな同じなんだから、このくらいの料金が妥当だろう」と考える習慣もガス料金を高くしている原因であると私は思います。

あなたができるプロパンガス料金を安くする方法

じゃあプロパンガス料金を安くするにはどうすればいいのか?って思いますよね。

あなたは、プロパンガス会社は変更ができることを知っていますか?

アパートととかに引っ越すと、大家さんから「ガス会社はここだから」と言われてそのまま指定されたガス会社と契約することがほとんどだと思います。しかし、プロパンガス会社は自分の選んだプロパンガス会社を選ぶことができるんです。

今では、プロパンガス料金でも都市ガスの料金に近い価格を打ち出しているガス会社は結構あります。

まとめ

プロパンガス料金は一般的に都市ガスよりも割高です。プロパンガス会社は自分で選んで変更することができるので自分の選んだプロパンガス会社にするのも節約手段の1つです。  

ガス