REXCARD(レックスカード)とREXCARDLite(ライト)では結局どっちを選べばいいのか比較してみた

レックスカード比較

高い還元率を誇るREXCARD。

でも、REXCARDには2種類あってどっちを選択すればいいのか迷うところだと思います。

そんな方のために、私がクレジットカードのREXCARDとREXCARDLiteは結局どちらを選べばいいのか特徴を比較してみました。

まずREXCARDとREXCARDLiteの特徴を整理します

  年会費 年会費無料の条件 還元率

REXCARD

初年度無料 2年目以降2700円

年間50万円以上の利用 1.75%
REXCARDLite 永年無料 初めから無料 1.25%

REXCARDは年会費が2年目から2700円かかる反面、還元率が1.75と高水準です。

一方、REXCARDLiteは還元率が1.25%ですが年会費はずっと無料です。

一般的なクレジットカードは還元率が0.5~1%くらいなのでREXCARDは、どちらも高水準です。

年間50万円以上クレジットカードの利用があるならREXCARDがおススメ

REXCARDは、年会費が2700円かかります。この2700円を無料にするには年間50万円以上のクレジットカードの利用が必要です。

年間でクレジットカードの利用額が50万円以上使う方にはREXCARDがおススメです。

年間で50万円以上利用すれば年会費の2700円が無料になるし、REXCARDは、還元率が1.75%と他のクレジットカードよりも割高で買い物をするたびにどんどんポイントが貯まっていきます。

私はREXCARDを持っていますが、1.75%の還元率は結構すごいです。

1ヶ月に4万円使うのペースで使えば年間で48万円なのでおおよそ年会費が無料になる計算です。私の場合は公共料金や携帯電話代金もREXCARDで支払っているので、結構あっさり年間50万円以上いきます。

嬉しいことにREXCARDは貯まったポイントを、現金還元してくれるので支払いのお金をポイントを使って減らすことができます。

年会費が気になる方には年会費無料のREXCARDLiteがおススメ

REXCARDは年会費が2年目以降に2700円かかりますが、REXCARDLiteは永年無料です。

ただREXCARDは還元率が1.75%ですが、REXCARDLiteは1.25%と、還元率が違うのでここは抑えておきたいところです。

あまりクレジットカードは使わないんだけど、高い還元率のクレジットカードを使いたい方はREXCARDLiteをおススメします。

まとめ

還元率だけを見ると1.75%の還元率を誇るREXCARDがおススメですが年会費がかかります。年会費の維持費を抑えたい方や年間に50万円以上もクレジットカードを使わないよっていう方にはREXCARDLiteをおススメします。REXCARDLiteが劣っているわけではなく、還元率は1.25%もあるのでこれだけでも私は十分にメリットはあると思います。

レックスカード比較