年会費無料の最強カード!REXCARDlite(レックスカードライト)のメリットとデメリット

レックスカードライト

還元率のいいクレジットカードは、どうしても年会費がかかるものが多いです。

年会費が無料で還元率が良いクレジットカードがないかなという方にREXCARDライトがおススメです。

REXCARDライトを使うメリット

さきほども紹介しましたがREXCARDや漢方スタイルカードは還元率が1.75%~2.25%と、他のクレジットカードに比べて高いのでお得なのですが、年会費がかかるというデメリットがあります。

その点、REXCARDライトは1.25%と、1.75%よりかは低いんですが年会費がかからないクレジットカードの中では最強のクレジットカードです。REXCARDライトのメリットを紹介します。

1. 年会費が無料

漢方スタイルカードやREXCARDLiteは還元率が1.75%と高いんですが、年会費がかかります。普段からクレジットカードを使う習慣があって年間で50万円くらい利用するのなら漢方須スタイルカードやREXCARDをおススメします。

でも「あんまりクレジットカードは使わないけど、高い還元率のクレジットカードを使いたい」っていう方にはREXCARDLiteがおススメです。

2. 付帯保険が手厚い

REXCARDLiteの付帯保険は、漢方スタイルカードやREXCARDと比べても引けをとりません。

というか、同じ内容の保険がついています。

分かりやすいように表にしてまとめてみました。参考にしてください。

海外旅行傷害保険 漢方スタイルカード REXCARD REXCARD Lite
付帯条件  自動付帯  自動付帯 自動付帯
死亡・後遺症 最高2000万円 最高2000万円 最高2000万円
障害治療 最高200万円 最高200万円 最高200万円
疾病治療 最高200万円 最高200万円 最高200万円
救援者治療 最高200万円 最高200万円 最高200万円
賠償費用 最高2000万円 最高2000万円 最高2000万円
携行品損害 最高20万円 最高20万円 最高20万円
家族特約 なし 梨なし なし
国内旅行傷害保険 付帯条件  利用付帯  利用付帯 利用付帯
死亡・後遺症 最高1000万円 最高1000万円 最高1000万円
入院費用 5000円/日 5000円/日 5000円/日
手術費用 最高20万円 最高20万円 最高20万円
通院費用 3000円/日 3000円/日 3000円/日
家族特約  なし  なし なし

このまとめた表を見てもらえば分かるんですが、国内も海外も付帯保険の内容は漢方スタイルカードもREXCARDも同じ条件です。

違うのは還元率ですね。

REXCARD Liteは還元率が1.25%なので漢方スタイルカードやREXCARDの1.75%よりも少し低いです。

でも年会費が無料であることを考えると、他の年会費無料のクレジットカードでこれだけ高い還元率のカードはありません。

そこがREXCARD Liteが年会費無料の最強カードの所以なんです。

REXCARD Liteのデメリット

1. 電子マネーにチャージできるカードが少し限られている

nanacoカードや楽天EdyはREXCARD Liteでのチャージは対応していません。

でもSuicaやIcocaは対応しているので自分の使用用途に合わせた選択をしなければいけません。

2. 貯まったポイントをANAマイレージに移行することができない

REXCARD Liteで貯めたポイントをマイレージに交換することができません。

REXCARD Liteではマイレージへの移行はできるんですがね。

まとめ

REXCARD Liteは、他の漢方スタイルカードやREXCARDに比べて還元率は低くなりますが、年会費無料で1.25%の還元率を持つカードは他にはありません。

デメリットもありますが、メリットの方が大きいカードです。メインのカードは持っているから、サブカードとして持ちたい方や年会費を気にせず使いたい方にはREXARD Liteがおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。