全国共通おこめ券のお得な購入方法・お得な使い方を詳細まとめ

おこめ券

おこめ券と聞くと、お米と交換できる商品券と考えるかもしれません。

もちろんお米と交換できるのですが、他にもスギ薬局で支払いとして使えたり、ホテルの東横インで宿泊代金の支払いとして使うことができます。

そんなお米券のお得な使い方や購入方法を紹介します。

全国共通おこめ券の詳細

おこめ券はこういうものです。

img_note

1枚500円で買えるのですが、実際にお米を買うときには500円分の価値はありません。1枚のおこめ券で440円分として使うことができます。

じゃあ60円分はどこに行ったのかと思うと思いますが、それはおこめ券の発行費用として取られているんですね。

絵にして説明すると分かると思うので、こんな感じです。

2016-01-23_212935

「500円のおこめ券は500円分のお米は買えないんだよ」というのは覚えておきましょう。

おこめ券は全国のデパートやお米屋さんで買える

「おこめ券はどこで買ったらいいのか」というとあなたの住んでる街のデパートやスーパー、お米屋さんで買えます。

ちなみにイオンなどの大きなデパートなら売っていますよ。あとはおこめ券のホームページでも買うことができます。

おこめ券のホームページで買う場合は、支払い方法を代引きか銀行振り込み、クレジットカードの3種類から選ぶ必要があります。

おこめ券のホームページで買う場合は、1万円以上買わないと送料が400円かかるのであまり私はホームページで買いません。

おこめ券を安く買うならヤフオクを使いますね。

おこめ券を安く買うなら金券ショップやヤフオクをチェック

おこめ券は正規に買うと、先ほども紹介したように1枚500円かかります。

でも金券ショップに行くとおこめ券は、売っていればだいたい1枚435円~440円くらいの相場で買うことができます。

また、ヤフオクでもおこめ券が安く買えることがあります。ヤフオクで買う時には、1枚だけで買うのではなく3枚とか5枚、10枚など複数枚で買うと安く買えることが多いです。

おこめ券は1枚440円の価値しかないので、できるだけ440円以下で買いたいですね。

おこめ券はお釣りが出る店と出ない店がある

おこめ券はお釣りが出る店舗と出ない店舗があります。

おこめ券を管理している全国米穀販売事業協同組合ではお釣りを出すか出さないかという決まりを明確に決めていないので扱ってるお店任せになっているのが現状です。

なのでお釣りが出るお店なのか、お釣りが出ないお店なのかは、その店で確認しないと分からないです。

お釣りが出ない場合には、440円分のお米をきっちり買うか、おこめ券からはみ出た料金は現金で支払うようにすると、おこめ券を無駄にすることなく使うことができます。

商品券の中でお釣りが出る商品券は以下のようなものがあります。参考にしてください。

おこめ券に使用期限はない

おこめ券は使用期限がないので、いつでも使えます。

私の家には親や友人からお祝いなどでもらったおこめ券がタンスの引き出しに眠っています。いつでも使えるので必要なときに必要な分だけ使うようにしています。

おこめ券はお米の購入以外にも使える

実は冒頭でも紹介しましたが、おこめ券はお米の購入以外にも使えます。

例えば、ホテルの東横インで宿泊代金の支払いに使ったり、スギ薬局の買い物代金としても使うことができます。

あとはドン・キホーテで買い物代金の支払いに使えたり、クリエイトSDでも買い物代金の支払いにおこめ券が使えますよ。

クリエイトSDではおこめ券に加えてビール券も支払いに使えます。もしあなたの家に使わないビール券やおこめ券があったら現金の支払いをしなくてもいいので使って現金の支出を減らせるといいですね。

さいごに

おこめ券の詳細やお得な使い方、購入の仕方を紹介しました。

おこめ券はお米を買うのにももちろん使えますが、他の買い物にも使えることが分かってもらえたと思います。

安くおこめ券を手に入れて、使うことができれば節約ができるのでうまく活用してみてください。

おこめ券

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。