新幹線は往復割引を使えば10%も安く切符が買える!実家帰省や長距離の出張は普通切符を買う前に考えてみよう

東京大阪間のこだま新幹線

新幹線を使って目的地まで行って元の場所まで往復するのであれば往復割引を使うと新幹線切符が割安になってお得です。

これは例えば、東京から広島など片道の移動距離が600キロ以上あれば往復割引が適用されます。

なので実家に帰省したり長距離の出張などに行ったりする場合などは往復割引は使った方がいいです。

新幹線で片道601km以上の距離を移動するなら往復割引を受けましょう

あなたが新幹線を使って片道601km以上の距離を移動する場合は、切符を買うときに往復分の新幹線の切符を買って往復割引を使うといいです。往復割引を使えば片道の新幹線切符の代金が1割引になります。

例えば、東京から広島まで新幹線で移動する場合、東京と広島間の距離は894.2kmあるので往復割引が使えます。切符を買うときに東京から広島に行く切符と広島から東京までの切符を同時に買う必要があります。

新幹線で移動する場合、普通は目的地までの片道分の切符しか買わないと思うのですが、片道分の切符だけしか買わないと割高になります。

どうせ数日したら同じ新幹線で帰ってくるということが分かっているのなら往復分の新幹線の切符を買ってしまった方が往復割引で1割も安くなるのでお得です。

東京⇔広島間の新幹線切符は往復割引で約2400円も安くなる

往復割引

東京と広島間は、普通に片道の新幹線の切符を買うと18040円かかります。往復分で2枚買うと36080円ですね。

でも往復割引を受ければ新幹線切符の内の乗車券分が1割安くなるので片道16870円になります。往復で33740円になります。

通常切符で買うよりも往復割引を受けた方が2340円(36080円-33740円)も安くなります。

もしあなたが、「ここから目的地までだとどのくらい安くなるかなぁ」と思ったら簡単に料金検索できるページがあるのでそこを参考にしてください。

【JRの運賃ナビ】往復割引料金を調べるのはこちら

新幹線の往復割引は学割と併用ができます

往復割引と学生割引は同時に使うことができます。計算方法は、まず往復割引として1割引きをした後に学割の2割を割引く形になります。これが片道の運賃になるので単純に2倍すれば往復の新幹線の運賃が分かります。

新幹線の往復割引のまとめ

新幹線の往復割引を受けるための条件をもう1度確認しましょう。

  1. 片道601km以上の移動に限り適用される。
  2. 往復割引を受けると片道切符代が1割引きされる。
  3. 割引が適用されるのは乗車券のみで、特急券は割引されない。
  4. 切符は1度に往復分の2枚を購入する。
  5. 学生割引と併用できる。

さいごに

実家に帰省する場合や出張などを新幹線を使って行く場合は、往復割引を頭に入れておくといいですね。

目的地に行っても元の場所に返ってくること、移動距離が601kmを超えていれば1割も新幹線切符代金が安くなりますからね。

東京大阪間のこだま新幹線

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。