ゆうパックの同一あて先割引を使えば送料が60円割引に!お中元やお歳暮など定期的なイベントに使おう

ゆうパック

郵便局のゆうパックには同一あて先割引といって1年以内に同じ宛先にゆうパックを送るときには60円割引されます。

この同一あて先割引を使えばお中元やお歳暮などの定期的な贈答品の送料を節約できます。

今回はそんなゆうパックの同一あて先割引を詳しく紹介します。

1年以内に同じ宛先に送るなら60円引きになる同一あて先割引

ゆうパックを使って荷物を相手に送るときに、その宛先はよく使うものであれば同一あて先割引を使うといいです。

同一あて先割引は1年以内に再度同じ相手の方にゆうパック荷物を送ると送料が60円引きになります。

このゆうパックの同一あて先割引を使えば同じ相手に荷物を送るような定期的なイベントに安く荷物を送ることができます。

郵便局って結構お得な割引サービスがあるんですよね。以下に郵便局で受けられるお得な割引サービスをまとめたのでもし良ければ参考にしてください。

参考 荷物を安く送る!ゆうパックとクロネコヤマトの割引制度まとめ
参考 ゆうパックの発送は荷物をコンビニに持ち込めば120円お得
参考 郵便局の配送サービスでお届け日数の目安を確認できる便利な方法

定期的に送るお歳暮やお中元はゆうパックの同一あて先割引を使えばお得に

紹介したように同一あて先割引は1年以内に再度同じ相手にゆうパックを送るときに割引になるサービスなので定期的なイベントで贈り物をするときに使うと便利です。

例えば歳暮やお中元などで決まった相手に送りたい時には使いたいですね。

たかが60円の割引だと思っていても荷物を送る相手が5人、10人といった複数いれば数百円の節約になります。塵も積もれば大きくなります。

同一あて先割引のやり方は簡単!前回の伝票控えをそのまま郵便局に持参するだけ

ゆうパック伝票控え

ゆうパックの同一あて先割引のやり方は簡単です。ゆうパックを使って荷物を送ると伝票の控えを貰います。

1年以内に再度、同じ相手に荷物を送りたいときには、前回ゆうパックを使ったときにもらった伝票の控えを郵便局の窓口に見せれば大丈夫です。そうすると60円の同一あて先割引が受けられます。

同一あて先割引は着払いはできないので注意

ゆうパックの同一あて先割引を使うときの料金の支払いですが着払いはできません。元払いのみとなるので注意が必要です。

同一あて先割引を受けたいけど前回荷物を送った時は着払いだった場合は問題なく同一あて先割引は適用されます。

前回の着払い伝票の控えを持って郵便局で見せましょう。

さいごに

同じ相手に何回も荷物を送りたいときに便利なのがゆうパックの同一あて先割引です。

1個の荷物を送るのに60円の割引が受けられるので送る荷物が多くなればなるほどお得になります。このゆうパックの同一あて先割引を有効に活用してもらえたら嬉しいです。

ゆうパック

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。