節約疲れを解消するためには節約を楽しむことと目標設定が大事

節約疲れ

「毎日頑張って節約しているけど、節約生活に疲れてしまった」という経験は誰にでもあると思います。いわゆる「節約疲れ」にあなたはなっていませんか?

「頑張って頑張って生活を切り詰めているけど、なんか疲れてしまった」なんて感じたことがあるのなら節約疲れかもしれません。

節約疲れになる原因

まず節約疲れになる原因を考えてみましょう。節約疲れになる方のほとんどは「節約をする目的が明確ではない」ことです。

あなたはなんのために節約していますか?

  • 貯金のためですか?
  • 将来の子供の教育資金の為ですか?
  • 夫婦で旅行に行くためですか?

このように明確に「節約をすることがどんな目的なのか」がはっきりしていないと、節約はとても苦しいものになります。

もしあなたに旦那さんや家族がいたらこれから死ぬまで「節約しなきゃ」という漠然とした目標に追いかけられながら生活しますか?

こんなに苦しいことはないですよね。

節約疲れにならないようにするには、目的を見つけて楽しむこと

節約疲れを解消するために一番大切なことは、なによりも「目的と目標を明確にして節約を楽しむこと」です。

「そんなの現実的な回答じゃない!」って怒られそうですけど、本当にこれだけなんです。

さきほども言ったように、目標や目的のない節約生活ほど苦しいものはありません。

例えば、あなたが30歳の主婦で旦那さんと2人暮らしだったとします。とにかく将来のためにお金が必要だと思うから節約生活をしようと考えたときに「いつまで節約生活が続くか分からない」半永久的に節約生活を続けなければいけなくなります。

でもしっかり目標を持てば期間が定まります。

例えば、「来年は家族で旅行に行きたいから1年で20万円を貯めよう」と計画したとします。

「来年は旅行にいくために節約する」という明確な目標ができあがります。おのずと節約を頑張る期間は1年間と決まりますから頑張ることができます。

節約疲れをしまう方はこの目標設定がほとんどといっていいほど不明確なんです。

なので、まずはしっかり目標を決めましょう。

たまには息抜きをして休憩をすることも大切

目標を持って節約に挑戦しても失敗をするかもしれません。でもそんなときには少し立ち止まって休憩をしましょう。

こんな考え方をしてみるといいです。

「必要なものにはお金を使い、もっと気楽に生活する」

節約生活をする方は、何がなんでもお金を削ることに重点を置きがちなので必要なものに対しても節約を考えて疲れてしまう方が多いです。

でもそうじゃなくて、節約を楽しいものにするために必要なものにはしっかりお金や時間をかけてもっと気楽に生活してみてはどうですか?

気楽に生活するというのは、どんなことでもいいです。

例えば、平日の昼間に友達を誘ってランチに行くとか、週に1回大好きな映画を見るとか、好きな食べ物を週に1回食べるとか。。。

人それぞれで趣味や好きなものは違いますから一概には言えません。

でも節約生活の中に自分なりの楽しみを見つけると節約生活は「節約疲れ」にはなりにくく、苦しいものにはなりにくくなります。

さいごに

あなたの節約する目的はなんですか?

もし目的もなくただ漠然と節約をしているのなら1度立ち止まって目的や目標を立ててみましょう。

深く考えずなんでもいいんです。もっと気楽に行きましょう。私は「毎月の小遣いを貯めて1年後に妻と子供と北海道に旅行に行く」という目標を決めて毎日の節約を楽しみながら頑張っています。

あなたも一緒に節約を楽しんで頑張りましょう。

節約疲れ