クレジットカードを使って節約するなら年会費と還元率で選べ!私がおススメする3つのクレジットカード

クレジットカード

クレジットカードを使って節約をしようと考えるなら、ポイントは年会費と還元率です。

いくら買い物をたくさんしても還元率が低ければポイントはあまりつきません。今回は年会費と還元率の視点から見てお得なクレジットカードをいくつか紹介したいと思います。

私がおススメする年会費無料で高還元率の3つのクレジットカード

1. レックスカードライト

レックスカードライトは年会費が無料で還元率は1.25%

レックスカードライト
年会費 無料
還元率 1.25%

レックスカードライトは、年会費が無料で還元率が1.25%のクレジットカードです。

一般的なクレジットカードの還元率は、だいたい0.5%くらいなのでレックスカードライトは2.5倍の還元率を誇ります。

還元率が何か分からない方のために簡単に説明しますね。

例えば、クレジットカードを使って1万円の買い物をした場合に100円分のポイントがつくことを「1%の還元率がある」っていいます。

だから、レックスカードライトの場合は、還元率は1.25%なので1万円の買い物をしたら125円分のポイントが貰えることになり、実質9875円の買い物をしたことになるってことですね。

参考:年会費無料の最強カード!REXCARDlite(レックスカードライト)のメリットとデメリット

入会特典として4300ポイント貰える

レックスカードライトのクレジットカードを作ると、4300ポイントが特典として貰えます。

この4300ポイントを貯めるには約35万円分の買い物をしなければ貯まりません。それが初めから貰えるのは魅力的な特典です。

この入会特典で貰えるポイントは時期によって若干の変動があるので、必ず確認してくださいね。

価格.comの安心支払いサービスを使うと還元率が1.5%になる

価格.comは販売店とあなたを結ぶ仲介役の会社です。

価格.com経由で販売店から商品を買った場合、商品を買ったお店にクレジットカードの情報を登録するのではなく、価格.comがあなたに代わって決済をしてくれます。

この安心支払いサービスのメリットは、色んなお店にあなたのクレジットカードの情報を登録しなくても価格.comにだけクレジットカードの情報を登録しておけばあとは価格.comが決済をしてくれるところです。

色んなお店にあなたのクレジットカードを登録すると管理や個人情報の流出のリスクが増えますからね。管理が楽になるところが便利です。

話がそれましたが、簡単に言えば価格.com経由で商品を購入した場合の支払いにレックスカードライトを使うと還元率が1.25%⇒1.5%になります。

価格.comをよく利用する方はレックスカードを持っていた方がいいですね。

2. リクルートカード

リクルートカードは年会費が無料で還元率が1.2%

リクルートカード
年会費 無料
還元率 1.2%

リクルートカードは、年会費が無料で還元率は1.2%です。

レックスカードよりは還元率は0.5%下がります。それでも、先ほど説明したように一般的なクレジットカードの還元率は0.5%が多いのでそれに比べると還元率が高いのは事実です。

入会で7000円分のポイントが貰える

リクルートカードは、クレジットカードを作ると入会特典として7000円分のポイントが貰えます。

この7000円分のポイントは、実際に買い物をして貯めると約59万円も使わないと貯まりません。

これを考えるととても魅力的な特典だと思います。

※時期によって貰える特典のポイントは変動があるかもしれないので必ず確認してくださいね。

リクルートカードで貯めたポイントの使い道が豊富

せっかくクレジットカードを使ってポイントを貯めたけど、貯めるばかりでなかなか使い道が分からないという方も結構います。

でもリクルートカードだと、貯めたポイントを使って買い物や旅行ができるサービスが整っています。

個人的には、旅行や美容院に行くときによくじゃらん.netやホットペッパービューティーをよく利用します。

結構な頻度で利用するのでポイントを使うんだけど、ポイントも貯まっていきます。

以下のお店でリクルートカードを使うとポイントを使えるんですけど、ポイントも付きます。

リクルートカードで貯めたポイントを利用できるお店と還元率

お店の名前 還元率(つくポイント)
じゃらん.net 2%
ホットペッパービューティー 2%
ポンパレモール 3%
MARQREL 2%
ホットペッパーグルメ 2%
Airwallet 2%
キノギフト 1%
ERUCA 1%
じゃらんゴルフ 1%

リクルートカードを使って利用できるお店は上記の他、どんどん追加されているので、確認してみてくださいね。

3. 楽天カード

楽天カードは年会費が無料で還元率は1.0%

楽天カード
年会費 無料
還元率 1.0%

楽天カードは、有名なカードなのでご存じかと思います。

還元率は1.0%と、そんなに飛びぬけて高還元率とは言えないんですが楽天ならではのメリットがあります。

参考:年会費も無料!すぐに発行できる楽天カードを作る5つのメリット

新規入会で2000ポイント貰える

楽天カードを作ると2000ポイント貰えます。このポイントを使って楽天市場で買い物をすることができます。

楽天市場には、何でも揃っているので便利です。

楽天カードを使って買い物をすると約2%のポイントがつく

楽天カードを使って買い物をすると、還元率が1.0%なので1万円の買い物をしたら100円分のポイントがつきます。

これはネットであっても店舗であってもポイントがつきます。

楽天市場で買い物をすると支払手段に関わらず1%のポイントがつきます。

楽天カードを使って楽天市場で買い物をすると約2.0%分のポイントが貰えます。なので楽天市場をよく利用する方は楽天カードは持っていた方がいいですね。

EVEOSのガソリン価格がリッター2円以上安くなる

楽天カードを使ってENEOSでガソリンを入れると、2%分のポイント還元が受けられます。つまりリッター100円以上すれば2円以上安くなるのでお得です。

▼楽天カードの詳細・発行はこちら▼

まとめ

クレジットカードを使って節約するならどのカードがいいのかなと私が考えたときにこの3つのカードが上がりました。

使わなくてもお金は一切かからないけど、使えば使うほどお得になるので持っていない方は作ってみるのもいいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。