無料で簡単!10円玉を使って靴の悪臭を消す方法

靴

靴を長く履いていると、嫌な臭いはどうしてもついてしまいます。そんなときに、消臭剤をわざわざ買わなくても靴の嫌な臭いを簡単に消す方法があります。

その方法で使う道具は10円玉だけなので簡単にできます。

今回は、靴の嫌な臭いを消す方法を紹介します。無料でできるので節約になりますよ。

靴の嫌な臭いを10円玉を使って取る方法 2ステップ

1. まず臭いを取りたい靴の中に10円玉を入れる

臭いを取りたい靴を用意して、靴の中に10円玉を置きます。

10円玉を入れる位置は、踵が来るくらいの位置で大丈夫です。

2. 靴の中に銅を入れて1日程度置いておく

靴の中に10円玉を入れたら1日靴を履かずに置いておきます。1日置いておくと、靴の中に10円玉から発する銅イオンが充満して消臭してくれます。

ちなみに、靴の中に入れる10円玉の数は1枚ではなく、枚数が多ければ多いほど効果的です。

ですが、あまり10円玉の数が多いと面倒にもなるので、私の体験上5枚程度で十分に消臭効果を得られます。

なぜ10円玉で靴の臭いが取れるのか?

そもそも靴の臭いの原因は?

靴の中の臭いの原因はバクテリアです。

バクテリアは、人間の汗や皮脂、垢を栄養にして増殖します。
つまり、靴の中はケアをしない限り、どんどん汗や皮脂、垢が増えていくのでバクテリアの繁殖が進みます。

10円玉に含まれる銅がバクテリアを退治してくれる

10円玉はご存じの通り、銅でできています。

銅イオンは臭いの原因となる分子の結合を壊して脱臭する効果があります。
この銅が臭いの原因になるバクテリアを退治してくれる結果、靴の中の嫌な臭いを消すのに効果的であるというわけです。

まとめ

靴の嫌な臭いを取ろうと思ったときに、消臭剤を購入して使えば、もちろん消臭できます。
しかし、このように10円玉という誰しもが身近に持っているものを使って簡単に消臭できることを知っておくと無料で簡単にできるので便利ですよ。

靴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です