今日からできる!食費を節約できる5つの買い物方法

食費の節約

食費は家計を圧迫する大きな要素です。

食費を抑えたいと思って節約方法を考えていませんか?

この記事では少しでも食費を節約するための買い物方法を紹介します。簡単にできる方法なので是非、今日から実践してほしい。

1. 買い物に行く前に冷蔵庫の中身をチェックする

スーパーなどに買い物に行って帰ってきてたら冷蔵庫に買った野菜があったという体験はあなたもしたことがあると思います。

せっかく食費を節約したいと思っていても二重買いをしていては節約になりません。

必要なものを必要なだけ購入するためには、冷蔵庫チェックが必要ということ。

買い物に行く前に冷蔵庫チェックをしてリサーチをしておきましょう。

 

2. お腹が空いた状態で買い物に行かないようにする

お腹が空いた状態で買い物に行くと冷静な判断ができなくなります。

これはアメリカの心理学者であるブライアンワンシンクによって証明さえています。

「空腹時に買い物に行くと高カロリーな食材を買う」というもの。

つまり、お腹がすいた状態だと食欲が刺激されて、必要以上に食材を購入してしまうことにつながります。

 

3. まとめ買いをするようにする

食費を節約するために、食材をまとめ買いするように心がけるといいです。

その理由は、食費をコントロールしやすくなるからです。

毎日、買い物に行っていると余分な買い物をしてしまうし食費がコントロールしにくくなります。

そのため、1週間や3日単位で買い物をするように計画をたてましょう。

 

4. 店内をまずぐるっと1周する

おそらく買い物に行く前に、晩御飯などのレシピはイメージしている方が多いでしょう。

それでもいいのですが、まず店内を1周することでその日の特売品やセール品などを1通りチェックしましょう。

そうすることで、安く買える食材をチェックすることができるので、節約につながります。
一度店内を周ることで無駄な冷静な判断ができるようになり無駄な買い物が減ることにもなります。

 

 5. レジで精算する前に再度、買うものをチェックする

買い物を終えて、レジで精算する前に、一度カゴの中身をチェックしましょう。
買う予定のないものも、一度冷静になって再確認すると節約できます。

店内を周っていた時には、欲しいと思って買い物カゴに入れたものも、再度チェックすると、
今はいらないものを除くことができます。

 

まとめ

日々の買い物は、家計の節約を考える上でとても大切なイベントです。

今日から取り掛かれるポイントばかりなので、自分の買い物の仕方と照らし合わせて、実践してもえたら幸いです。

 

食費の節約