食パンを美味しく食べる基本と保存方法5選

食パン

日本人の食卓に食パンは欠かせないものである。

ある調査によれば、朝食に食パンを食べる日本人は約7割もいるというデータもある。
この記事では、食パンを美味しく食べるための方法やせっかく買っても食べずに無駄にしないための保存方法などを紹介する。

是非、参考にしてほしい。

食パンを美味しく食べるための5つの保存方法と食べ方

トーストするタイミングに注意する

食パンをトーストするときは、あらかじめトースターを少し温めておこう。
その理由は、食パンは高温で且つ短時間で焼いた方が水分の蒸発が最小限で済み、焼き上がりがふっくらするからである。

冷蔵保存はしないこと

食パンを冷蔵保存することはしないようにしよう。
理由は簡単だ。冷蔵保存にすると、食パンに含まれるでんぷんが分解され老化が進む。
あまり知られていないようであるが、常温保存よりも冷蔵保存は水分の蒸発を進行させ美味しくない食パンを作ってしまう。

冷蔵保存はカビの防止には効果的であるが、上記の点からはおススメしない。

アルミホイルで包んで保存する

食パンはアルミホイルで包んで、保存するとさらに効果的である。
その理由はアルミホイルの性質にある。アルミホイルは水分や空気を通しにくい性質があるからだ。
食パンをアルミホイルで包んで冷凍保存すると、水分や熱が蒸発しにくいため急速に冷凍と水分を食パンに閉じ込めることができる。
つまり、アルミホイルで包んで保存することで美味しいまま保存することができるのだ。

食パンは冷凍保存しよう

食パンを買ってきて、すぐに食べられればいいが、そういうわけにはいかないことも多い。
そうなると、保存方法を考えなければいけない。

常温での保存もいいが、カビや乾燥といった問題が出やすくなる。
そこでおススメなのが冷凍保存だ。

冷凍保存すると、食パンに含まれる水分やでんぷん質の蒸発、分解を防ぐことができ、結果美味しいまま保存することができる。
上記で説明したアルミホイルで包んで冷凍するとさらに効果的である。

アルミホイルで包むまでは面倒でできないという方は、最低限冷凍保存は心がけよう。

食パンを食べるときの解凍方法は?

食パンを冷凍保存から出して、食べるときには解凍はせずにそのままトースターで焼いてしまおう。
解凍をしてしまうと、食パンから水分がしみだしてべちゃっとなって美味しくならない。

余分な水分が蒸発してしまうのも美味しくならない理由の1つだ。
つまり、冷凍庫から食パンを出したら、そのまま温めたトースターで焼くことが美味しく食パンを食べるコツである。

 

まとめ

食パンを大量に買ってきても、保存方法を間違えると無駄にしてしまったり、美味しく食べることができなくなってしまう。

食パンは日本人の朝食に欠かせないものになっていることから、正しい保存方法を知り、美味しい食パンを是非食べて頂きたいと考えている。

食パン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です