1週間は大丈夫!もやしを冷蔵・冷凍庫で長持ちさせる保存方法

もやし

もやしって安いのでついついたくさん買ってしまいますよね?八百屋さんやスーパーでもやしを買ってきてから、あなたはどうやって保存して使っていますか?

もやしは買ってきてすぐに使わないと2日~3日くらいですぐに傷んでしまいますよね。

今回は私の家庭でも行っている「もやしを少しでも長持ちさせて使う方法」を紹介します。参考にしてください。

もやしは呼吸している!買ってきたら袋に少し穴をあけてあげましょう

もやしの袋を開封せずに野菜室で保存するのなら、この方法が一番おススメで私もやっています。

もやしの袋に2~3カ所つまようじなどで穴をあけてあげると傷みにくくなって長持ちします。

この方法でもやしが長持ちする理由は、いたって簡単です。

もやしも人間と同じように呼吸しています。袋で密封されていればいくら新鮮なもやしも呼吸ができないことで傷んでいきます。

なのでもやしの袋に、もやしが呼吸ができるように2~3カ所の小さな穴をあけてあげるといいですよ。

このもやしの袋に数カ所穴をあける方法ならわざわざ茹でたり洗ったりしなくてもいいので手間は要らず便利ですよ。

水に浸して冷蔵庫で保管すると1週間は長持ちする

他にも、もやしを長持ちさせる方法はあります。

もやしは水に浸して冷蔵庫で保存すると1週間くらいは長持ちします。ただ水に浸して冷蔵庫で保存すると、もやしにシャキシャキとした食感が減ってしまうので使うときにはしっかり水気を切ってあげるといいです。

できればタオルなどでもやしの水気をきってあげるとシャキシャキ感が戻りますよ。

もう1つ注意点があって、あまり長い時間同じ水に浸して保存しておくと細菌が発生しやすいのでできれば1日1回水を新しいものに交換してあげると効果的です。

水に浸して長期間保存していた場合は、細菌を殺すためにしっかり加熱調理してから食べるといいですよ。

もやしは冷凍保存も効果的です

もし大量にもやしを買って、保存しておきたいときは冷凍保存も効果的です。

冷凍保存であれば私の経験上、2週間くらいは保存がききます。

ただ冷凍保存をすると、もやしのシャキシャキ感が新鮮なもやしに比べて落ちるのでそれでもいい方だけ試してみてください。

さいごに

もやしは安いので家庭の食事を支える大事な材料ですよね。

もし、もやしを大量に買ってしまって保存しておきたいときは試してみてください。もやしの袋に穴を少し開けておくだけでもやしは呼吸ができて長く保存ができますよ。

もやし