suica残高の払い戻しは220円の手数料がかかるから使い切った方がお得

スイカ

suicaにお金を入れてあって、suicaをもう使わなくなったなどの理由でお金を引き出したいときがあります。

そんな時に、払い戻しを受けることができますが、払い戻し手数料として220円がかかります。

じゃあsuicaにチャージしてあるお金が220円以下ではどうなるのか?といったsuicaの払い戻しに関して詳しく紹介します。

参考にしてください。

残高の払い戻しができるsuica

suicaにチャージしたお金を払い戻しできるsuicaの種類には以下のようなものがあります。

suica定期券、記名式suica、無記名式suica、suicaイオカードです。

参考:記名式のSuicaと無記名式suicaの大きな3つの違い

このsuicaに入れたお金をなんらかの理由で引き出したいときがあります。

私の場合は以前使っていたsuicaが使えなくなり、新しいsuicaに変更、チャージし変えたときに残高の払い戻しを受けました。

suicaの残高払い戻しには手数料の220円がとられる

suicaから残高の払い戻しをしようと思うと、すべてそのまま引き出すことはできません。手数料は220円かかりますので、残高から220円を引いた金額が払い戻されます。

じゃあ残高が100円だった場合どうなるのか?と疑問に思いますよね。

実は、suicaの残高が220円以下の場合は100円は払い戻しされません。

その代り、suicaを購入したときの預り金であるデポジット500円が返ってきます。

分かりやすいように以下に表でまとめました。

suicaの残高 払い戻し金額
220円以上 残高全て返ってくる&500円の返金(デポジット)
220円以下 残高は返ってこない&500円の返金(デポジット)

suicaは使い切ってしまったほうがお得

suicaの残高を払い戻そうと思ったときに、残高が220円以下だとせっかくの残高が返ってこないのですべて使い切ってしまった方が得です。

220円あれば東京に住む方なら山手線を1周乗れますからね。

まとめ

suicaを使わなくなったりチャージしてあるお金を払い戻したくなったら、払い戻しの仕組みを覚えておきましょう。

suicaの払い戻しには220円の手数料がかかるので、できるならすべて使い切ってしまったほうがお得です。

スイカ