suicaやPASMOにはできてICOCAにはできない4つのこと

ICOCA

同じ電子マネーでもsuicaやPASMO、ICOCAとたくさんの種類があります。

関西圏に住んでいる方はICOCAを持っている方が多いと思いますが、今回はsuicaやPASMOには出来てICOCAには出来ないサービスをまとめてみました。参考にしてください。

suicaやPASMOにはできてICOCAにはできない4つのこと

1. バス利用特典(バス特)が受けられる

PASMOやsuicaを使って都営バスや都営電車を使うと運賃の支払い1円で1ポイントが付与されます。

このポイントは10年間有効で10000ポイントまで貯めることができます。

例えば6月から都営バスや都営電車をsuicaやpasmoを使って利用すると、使った額分のポイントが付きます。

6月に貯めたポイントは7月に入ると累積されて、また0からポイントは利用額に合わせて貯まっていきます。0になるのはポイントがなくなったわけではなくて累積されているので安心してください。

この貯めたポイントは1000ポイント貯まるごとに100円のバスチケットになってpasmoやsuicaに追加されます。次回のバス利用時に自動的に、この100円は使われます。

なので、日常的に都営バスや都営電車を使っている人は、継続的にポイントが貯まるからいいんですけど、地方から東京に旅行に来て都営バスや都営電車を使う場合は1か月で1000円使った方がお得です。

1ヶ月で1000円使わないと次の月は0ポイントからになるので、そういった面で長期的に東京に滞在して都営バスや都営電車を使うのならsuicaやPASMOを持ったほうがいいと思います。

参考:発行に2000円かかるsuicaを無料で作るたった1つの方法

2. suicaグリーン券はICOCAでは買えない

suicaを持っていないと駅のホームでグリーン車の券を買うことができません。

suicaを持っていれば、わざわざ改札から出なくてもホーム内でグリーン車券を購入することができます。

ICOCAでグリーン券を買いたければ改札外の券売機で ICOCAの残額を使って 磁気グリーン券を買うしかありません。

3. 都営バスの乗り換え割引が効かない

都営バスから都営バスに乗り換えるときに、精算間の時間が90分以内であれば割引をしてくれる制度が都営バスにはあります。

運賃の精算をして次のバスの運賃の精算を90分以内に済ませると大人は100円、子供は50円を割り引いてくれます。

これは、いちいち申請をする必要はなくてsuicaやPASMOを持っていれば自動的に割り引いてくれます。

この都営バスの乗り換え割引には注意点が1つあります。
都営荒川線では、この乗り換え割引は適用されませんので注意してくださいね。

4. 都営バスの1日乗車券がICOCAでは買えない

あまり都営バスを使わない、乗らない方は関係ないかもしれませんが1日乗車券をICOCAでは購入できません。

suicaやPASMOであればこの都営バスの1日乗車券を購入することができます。

ちなみに都営バスの1日乗車券は500円です。子供は250円です。

都営バス1日乗車券

まとめ

以上をまとめると、首都圏や全国でICOCAは使えます。よほど長期的に関東圏に滞在しない限りはsuicaやPASMOを購入する必要はありません。

suicaやPASMOを持っていないとできないことはありますが、ICOCAを使って快適な旅行楽しんでください。

ICOCA

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。