スタバはドリップコーヒーの2杯目のおかわりが100円で飲めて超お得

スタバのドリップコーヒー

スタバで1日に2杯コーヒーを飲むことはありますか?

スタバでは、1杯目に飲んだドリップコーヒーのレシートをレジで見せると2杯目のおかわりは100円(税込)で飲むことができます。

今までドリップコーヒーを2杯とも通常価格で飲んでいたという方は損をしているので、今回紹介する方法を実践してみるといいですよ。

レシートを見せると2杯目は100円(税別)で飲める

スタバでドリップコーヒーを頼むと、2杯目のおかわりが100円(税別)で飲むことができます。1杯目のドリップコーヒーを頼んだときに貰ったレシートをレジで提示すればいいです。

通常であればドリップコーヒーはショートサイズで280円、トールサイズで320円しますからおかわりをすればその倍の料金がかかります。

例えば、1杯280円のドリップコーヒーが2杯目は100円になれば2杯で380円で飲めますから実質1杯190円になりますね。

毎日スタバを利用する人にとってはとても嬉しいしお得です。

私は朝から新幹線などで移動するときがあると、駅の構内のスタバで朝ドリップコーヒーを飲んで、夕方にまたドリップコーヒーを飲むことがあります。

2杯目のおかわりサービスを十二分に使わせてもらっています。

スタバを頻繁に利用する人は必ずレシートは貰おう

スタバのおかわりが受けられるレシート

私がスタバでコーヒーを飲んだときのレシートの写真を載せてみました。

一番下に「当日内であればドリップコーヒーは100円(税別)で飲めます」っていう記載がありますよね。

このレシートをまたスタバのレジで店員さんに見せると2杯目のおかわりが100円(税別)で飲むことができます。

たまにスタバの店員さんは、レシートをくれないことがあるのでレシートは必ず貰うようにしましょう。

レシートがないと2杯目のおかわりが100円(税別)で飲むことができませんからね。

2杯目のおかわりは1杯目と同じサイズが条件。でもホット、アイスは選べる

ドリップコーヒーのおかわりは100円(税別)の料金でできるのですが条件があります。

それは1杯目と同じサイズのコーヒーしか飲むことができません。

例えば1杯目にはトールサイズを飲んだのなら2杯目のおかわりもトールサイズになります。1杯目にトールサイズだったのにグランデサイズにはできないということです。

コーヒーのサイズは1杯目と同じになるのが条件なのですが、ホットかアイスかは自由に選ぶことができます。

例えば1杯目にはホットのドリップコーヒーを頼んだけど、2杯目はアイスが飲みたいと思ったら2杯目はアイスのドリップコーヒーを頼むことができます。

あなたの好みに合わせて頼むといいですよ。

2杯目のおかわりを100円(税別)で飲めるのは当日のみ

2杯目のおかわりには色々な条件があって、100円(税込)でおかわりができるのは当日のみ適用です。

結構、私の周りでスタバをよく利用する方を見ていると会社に出勤する前にコーヒーを1杯飲んでお昼の休憩や会社帰りにもう1杯コーヒーを飲んでいる方がいます。

結構、この100円で飲めるおかわりを利用している人って多いんですよね。

それだけスタバのコーヒーって美味しいし、2杯目が100円(税別)で飲めることに価値があると思います。

スタバにタンブラーを持参しても2杯目は20円引きにはならない

以前、このブログでスタバに自分のタンブラーを持参するとコーヒーが20円引きになりますよって紹介しました。

参考 スタバはマイカップの持ち込みで会計から20円引きでお得に!

 自分のタンブラーを持参すると1杯目は会計から20円割引になるんですが、2杯目のおかわりは20円の割引が適用されません。

その理由なんですが、100円(税別)でできるおかわりとタンブラーの持ち込み割引の併用はできないと決まっているようです。

まあこれに関しては、私は2杯目が100円(税別)で飲めるだけでも十分お得だと考えるようにしています。

さいごに

スタバはとても美味しいコーヒーが飲めるので私も大好きなお店です。

ドリップコーヒーを飲んだときには2杯目のおかわりが100円(税別)で飲めるので、間違っても2杯目のコーヒー1杯目と同じ料金で飲むような損はしないように注意しましょうね。

スタバのドリップコーヒー