タクシー料金をお得にして賢く移動する方法

タクシー

タクシーを利用するときに、できるだけ運賃は安く抑えたいものです。

そんなときにタクシー代金を抑える方法を紹介します。参考にしてください。

タクシーを探すときに、タクシー会社が近ければ迎車料金が無料になりお得に

タクシーを探していて、なかなか見つからない場合は、タクシー会社に自分から乗り込むといいです。

タクシーにわざわざ来てもらうと、地域によりますが、0円~300円の迎車料金を取られます。
北海道や東北地方では迎車料金は取らないところがほとんどですが、関東圏や東海圏は迎車料金を取る会社が一般的です。

もし、あなたがタクシーに乗りたい場所から1km圏内にタクシー会社があれば、自分からタクシー会社まで伺うのも選択肢の1つです。

自分で目的地までのルートを指定しよう

タクシーの運転手さんに「できるだけ最短ルートでお願いします」と一言言っておけば、だいたいの運転手さんは、最短ルートで目的地まで言ってくれます。

しかし、中には距離を稼ごうと、わざわざ遠回りして目的地まで行こうとするタクシー運転手もいるためあなた自身で「そこを左に曲がって」などのルートを指定するといいです。

タクシーに乗ってる時ぐらい、ゆっくりしたいと思うかもしれませんが、タクシー代金を節約する上で、この方法は通常よりも2~3割も安くなることもあります。

メーターが上がる前に教えてもらうようにタクシーの運転手に伝えておく

タクシーのメーターは、乗る車の大きさによって違いますが、一般的な乗用車のタクシーでは初乗り2kmまでは700円前後のところが全国的に多いです。

初乗りの2km以降は、250m~280m毎に料金が加算されていきます。

つまり、メーターが1回上がるたびに90円が加算されていくので、メーターが上がる前におりたいところです。

タクシーの運転手さんに事前に、「もうすぐ降りるので、次のメーターが上がる前に車から降ろしてください」と伝えおくと、90円の加算料金が上がる前に車を止めてくれます。

支払はクレジットカードで支払うとポイントも貰える

私はタクシーの支払いをするときには、現金は使わずクレジットカードで支払います。

理由は、ポイント還元を受けるためです。

最近は、ポイント還元率が高いリクルートカードを使って支払うようにしています。

現金で支払うと、何もメリットはないですが、クレジットカードで支払うとポイントが貰えるので、実質安く乗れますよ。

まとめ

タクシーを賢く利用するなら、タクシーの運転手さんに料金が上がる前に車を止めてもらったり、支払はクレジットカードを使うといいです。

よくわからない場合は、タクシーに乗りたいときにタクシー会社に「迎車料金がかかるかどうか」を直接問い合わせるといいです。

タクシー

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。